lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

サンクチュアリ教会を過激派呼ばわりする家庭連合。

ヒョンジンニムとサンクチュアリ教会を過激派と言う家庭連合の子ども達…


過激派とは過激派(かげきは、英語: extremist)とは、過激な言動をとる、人物または集団のこと。この場合の「過激」は、各種の直接行動、実力行使、暴力行為、ゲリラ、テロリズム、暴力革命、武装蜂起、恐怖政治などを含む場合もある。類似語や関連語は急進派、武闘派、原理主義など。対比語は穏健派、改良主義など。


「過激派」と呼ばれる集団は、あらゆる時代の、政治、宗教、人権問題、労働問題、動物愛護、市民運動、環境保護など主張の存在する様々な分野に存在しているが、「過激派」の定義や範囲は相対的なものであり、時代や立場によっても変化している

どのような主張が「過激」と呼ばれ、どのような組織が「過激派」と呼ばれるかは、時代や分野や立場によって変化しており、学術的に客観的な基準は存在しない。左右両翼の思想に存在し得る。20世紀以降は各国の憲法などに基本的人権と記載されている思想も、時代によっては「危険思想」「過激思想」であり、取締りの対象であった。また労働争議や人権問題などでは実力行使を許容する判断基準にも依存する。


当初は過激派や急進派などと呼ばれた組織が、後に政権を獲得したり穏健化した例も多い。フランス革命の革命派、ロシア革命のボリシェヴィキ(元来はこれの和訳が過激派である)、日本の幕末の尊皇攘夷派、パレスチナのファタハ、アイルランドのIRA暫定派、南アフリカ共和国のアフリカ民族会議、東チモールの東ティモール独立革命戦線、ネパールのネパール共産党統一毛沢東主義派などである。大正後期の日本では、ボルシェビキが「過激派」とも訳されていた。ファタハは1990年代以降、ハマースやヒズボラとの対比で「穏健派」と呼ばれるようになった。


第二次世界大戦後の先進国の有名な左翼系過激派には、日本赤軍、ドイツ赤軍、イタリアの赤い旅団、アメリカ合衆国の共生解放軍などがある。また直接行動を行うグリーンピースやシーシェパードなどの一部の環境保護団体は、予告なく暴力行為や破壊活動を行うことがあるため「環境過激派」とも呼ばれている。ISILなどいわゆるイスラーム過激派などは、主要国政府によってテロ組織と認定された組織とされているが、その対象は国によっても異なっている。


なお日本では主に暴力革命や武装闘争を掲げる新左翼系党派を、1960年代以降マスコミ等で「過激派」と呼んでいる。

ウイッキペディアより


過激派呼ばわりする家庭連合の若者も、かかってこい〜

論戦しょうではないか〜

といったところだろう。


どんどん思っていることを言ったら宜しい。


北朝鮮に根付いているサタン主義に、お父様が闘いを挑んだ動機は?

北朝鮮が主体思想でサタンの父のポジションを叫ぶとき、お父様は真の父母に対する絶対信仰を私達に願われた。


北朝鮮と、統一教会は、確かに似ている。


最後の接戦の、一線上にあるのかもしれない。


キム王権が勝つか、お父様の3代王権が勝つか。


誰もが混乱して霧がかかっているようで誰もが読める摂理ではないかもしれない。


祈りと瞑想で人類歴史へ

タイムトラベルしてみたらどうでしょうか?


私の何十兆億の細胞は覚えているかもしれませんよ。


人類は平和な時ばかりを生きてきたと思っている人もいますからね〜


平和ボケは全体主義に連れていかれるかも〜


霊界を意識して

地上界を意識して


祈りと瞑想で歴史のたびにでかけてみてはいかがかと、過激派呼ばわりする家庭連合の方々におすすめです。



重い銃口を天に向け王冠を被り祈る姿


初めて見る厳かな神の民たちの姿でした。


感動すら覚えるのに、過激派にしか見えない家庭連合ですか…

アメリカを生かす者がアメリカ家庭連合にいるか?



アメリカの子ども達のある会話


「地球は平ぺったいようだ!

聖書に地球が丸いと書いてない!」


子どもたちの会話の中にも『聖書』は、生きているようです。


神様が生きて働かれていると、信じますか?


「信じる者は救われる」


私は信じます。


何気ない日々の出来事の中にも神様の生きたメッセージ。


皆様にも届いてますか?


嵐の過ぎたあと、玄関ドアに、神様の贈り物、写真にとっとけばよかったですね。


枯れ葉が一枚ドアと離れることなくピッタリとパズルのように合わさる様子は確率的にもありえないであろう…ドアの模様の細い木の部分に、枯葉ときたらその細い木にハマるよな葉っぱの模様でしたから…


何度も見ては、神業だと感動していました。


『鏡の法則』

過激派と言う人も過激派なんだよと、諭して来る気がします。


世界はすべて鏡の世界かも…


サタン主義も神主義も、

北朝鮮の金王権も

3代王権も


神とサタンの紙一重の背中合わせで睨み合っているのかも…


終わりの近づいた世界の現れかもしれないかも…


最後の時が来たのかも…


などと思う今日この頃です。皆様の安全とお幸せをお祈りします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。