lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

何事もないようにお祈りします

このごろの日本のニュースを見ながら、オウム真理教の、記事がよく目に付きますね。

それを読みながら日本人記者たちが書く新興宗教、オウム真理教、そして統一教会…

どちらもマスコミは良いニュースは発信させない。

それでも、なぜそこにいる人たちは、また別の世界観をもち、秩序を持ち、幸せに暮らしている。

この世の人が欲しがるものと

宗教を持つ人が欲するものは正反対…であるのか?

この世が悪で、宗教の求める世界が善、

この世の全ては嘘で、宗教が求めるものは真実、


宗教間の闘いは終わりがない現実も、誰かが宗教という名のもとに自分が信じる教祖、教理、集団組織の為に命までかけている現実です。

幼い少年少女達まで宗教の犠牲者?とも言える現実。


だからといって、宗教を嫌い、神様までも遠のくことが、正解だとは思いません。

神様はパーワースポットの、最大スポットであり、知恵の王でもあり、長寿中の長寿ですよね。

ポルターガイストも、神様のパワーの前には静まり帰る。

だから神様は知るべき神様とともにいるべきですね。


マスコミの宗教観は犯罪者を作る、宗教はアヘンだ、

宗教なんか持つべきではない。

日本にいる限り、古事記の神々を学び、日本の王家に侍る良き民であるべき…日本にいる限り…永遠に…

日本国の古き昔から祈りは国土の中に宿っている。

他の神など迎え入れることは………できないくらい。

しかし、時々、神になりたい人も生まれてくるのだろうか?

どんな天使達が導いているのだろうか?

日本で新興宗教は日本国に合わせた、文化に習慣に祭りに合わせた宗教となる。

家庭連合は主体の位置から相対の位置になった、新興宗教と、呼ぶべきか?

組織が生きていくために、試行錯誤の中から今、ある姿か?


お父様とは一度もお話したことがなくても、長いこと、思考回路の中心に位置していた方です。

頭を叩かれたこともなく、厳しく実績追求されたこともなく、

知ってるようで、ほんとに知ってるのか?

想像の中での信仰観?

クリスチャンが、イエス様を慕うような、

弟子になりたい、命を捧げ、お慕い申し上げます!

イエス様を世界中に広めたい、イエス様の愛を実践したい。

とても…難しい…今更ながらこの道は難しいと認めます。まだまだ私は未熟なものでございました。

サンクチュアリの、ブログにいてもよいのやら??

手と手のシワを合わせなんでしょうか?

しわ合わせ………幸せ!

変な洒落まで思いつく思考回路ですが…多分痛みが吹き飛んで…幸せ気分なんだと思います。


それでも、キングが暗殺リストに名があるとか……

物騒な、闇のキング達に闘いを挑まれてますから……

ご存知だったと思いますよ…きっと……

命をかけていらっしゃいますからね…

でも、臆病な人ほど強くなれるかも。


何事もないようにお祈りします。

お父様が微笑んでいらっしゃいますか?

ゴロゴロゴロゴロゴロ!

私の住む街は雷雨、ものすごいどしゃぶり!

ペットの臭いだらけになった、カーペットを2枚、外へ…

自然の力で洗濯します。


(豪雨による被害で苦しんでいる方々の、一日も早い、復興をお祈りします。)


食料品を買って20ドル払い、お釣りが……6ドル66セント…出ました。666ゾロ目…

エンジェルは、何を教えたいのかな?


夫がサポート中の韓国人キリスト教会の、牧師さんがなぜか、私の事を気にかけて下さり、祈祷を毎日しているという話を聞きまして…

日本人の為に祈る…この牧師さんは既に恩讐を越えた人でしょう。

夫は、毎朝、聖書を読み、祈りを捧げています。

ヨブ記を、よく読んでいます。


なんとか日常生活に戻りつつあります。

リハビリの水泳も、体調を見ながら頑張って行っています。


信仰について夫の背中を見ては色々教えられています。

神を礼拝する姿勢…

もしも心の中に、恩讐、恨み、憎しみ、愛の減少感、自己優越感、人を愛せない、人は獣よりも劣るサタン視、すべての重荷をおろして、神を礼拝する…平安さ、に勝るものはないですよね。

神様はキリスト教会に、いらっしゃるかも……


真の家庭が、リーダーシップを取りなんとか舵をきっていらっしゃるかもしれないけれども…

神様に重い深い哀しみとため息を与えてしまったのではないかと思ったりもします。


ある韓国の大きなキリスト教会…結論を言うとメシヤ、イエス様から、完全に離れています。

宗教の統一を意識し過ぎの傾向もあり、新しく建てられた教会の姿は……いろんな神々がいらっしゃいます。


難しきことが嫌いで、深く考えることが嫌い、

集団、組織の大きなところに所属することが誇り!

あんな人もこんな人も、偉い人お金持ちな人、有名人、俳優歌手タレント、そんな教会に自分が居るだけで恩恵を受けている信徒たち。

たくさんの信徒たちは…あまり深く考えない。

牧師の説教、チャニャン、信徒達の交流、

キリストの善き弟子になろうと頑張っている。


しかし、キリスト教会は、地上に天国を作ろうとはしない……天にある天国へ行く為にトレーニング。


宗教が政治に関わる宗教団体もあるが、

神の国を作ろうと言う政党は、あるのかな?

なんともスッキリしない宗教と政治の関係。


お金の多い献金をたくさんしてくださる組織と繋がる牧師…そこから、だんだんと多神教が入り込んでくるのかな?


宗教統一は、可能なのでしょうか?


これまで、メシヤと共にいると天運もあり何でも出来る!という思考回路、最近は一つ一つが考えさせてください…もう一度勉強やり直し中です。


宗教統一。できるのか?み言でだめなら、武器か?

それは、真の愛なのか?

真の愛とは?


今日はシプモニムの、笑顔の写真が頭の上に落ちてきました。痛〜〜〜〜何かおっしゃりたいのか?

日本人の嫁のために、日帝時代に学んだ日本語をもう一度勉強していたアボニム〜

日本人の私のために梅エキス、梅干し、梅干しは完全に日本の梅干し!作ってくれたシオモニ〜

私も感謝してます。親孝行頑張ります。

既にアボニムは霊界、ハヌレナラへ

アボニムとオモニムは、とても夫婦愛が美しかった…


韓国キリスト教の家庭に嫁いで良かった!お父様には感謝しています。キリスト教の家庭はとても素晴らしい…

ホントは私達祝福家庭こそ努力し、神様とイエス様もともにある、家庭を作らないとね…

お父様が微笑んでいらっしゃいますか?


自分の家庭を時々チェック!


ブログを読んで下さりありがとうございます。

アメリカの医療費の高さ!

恐ろしや〜

アメリカの病院へ3回、行ってきました。

が!後でメールで料金の催促をするということで待っていたところ…

なんとも高い受診料!

以前は基本的に決まっていたのに……

何かどこか、間違っているのか……

よく間違えたり、何度も金払えと催促されたりします


今回は高すぎる。

医療保険会社も悪くはない、名の知れたところです。


多分間違えたのだろう…

こんな時は、ハイそうですか…

ではなく、病院、保険会社に何度も連絡を取る……

向こうが間違っていたり、何度も同じメールを送って、2度払いということもある。

書類は捨てずにキープする。

そうでなかったら高すぎる!


今日は日曜日、後日、夫が、連絡してくれるだろう。


アメリカに来たばかりの頃子供の前歯の乳歯がとれたところへ義歯をはめられ?

そんなことするのか?

お金もないのに2000ドル…払わなかったら訴える!と言われたり…

なんか、詐欺にあった気分でした。

病気になると、あれを買えこれを買え、病気の弱みにつけ込まれ気の弱い、すぐ信じる者はたくさんの医療器具が地下室で眠ってませんか?

家では眠ってます…いろんな健康器具が…


故障してもアフターサービスが、不便で、今は使えません。

そのお金があったら………

悪徳商法とまではいかなくても、売る方はそれでも生活していかなくてはならない事情を持っていたら、必死ですよね。

為になるならない以前に、自分がその商品を通して家族を養い生活がかかっているなら、なおさらですかね。シック同士ではなかなか断れなかったり、お父様が!今の摂理のために!

買わなくてはならない思考回路に進んでしまう……

お金がなくても夫は健康器具を買ってくれました。

今はすべて地下室で故障して眠ってますが…


それにしても、アメリカの病院は、医療費が高すぎて二度と行きたくない!

医療の基本的知識、自分の病気の知識、自己管理で看護できたら、行かなくて自宅ケアーで良かったのに、

会社に提出する書類のために行ったばかりに………

詐欺にあった気分………


歯医者に行くときは前もって治療に掛かる金額を出してもらい始めてもらえます。



医療グループ変えたほうがいいような気がします…

子供の子宮頸がんワクチンも、ほぼ強制的に受けさせようとしたし……

患者のための医療じゃない、保険会社の為の医者たちみたい…


こんな些細なことが重なり、急な出費も重なりアメリカライフのストレスは終わりがない気がします。

私一人では難しすぎる。


アメリカで子供を育て生きている韓日夫婦、アメリカの医療費が高いと、私が叫ぶと、夫はテキパキとことを処理して、大丈夫ですよ!とクールに冷静に答える。

熱すぎる私にクールな夫、なかなかお父様の祝福は神業だと思うことがあります。

いつもお父様には感謝しております。


素晴らしい、夫と出会わせてくださいましてありがとうございます。