lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

セイロ

天聖経(環太平洋摂理)

先生がアメリカで計画したことは二大事業です。水産事業とセイロ販売組織です。先日「ムーニーが水産事業分野を完全に占領する」と言って、水産業界でとても問題になりました。その事実を皆さんは知らないでいます。このことは知らないといけません。


             


経済活動の組織面において、いかにして全国の販売市場を掌握するかという闘いが最後に残された障壁です。セイロという世界的な機械販売組織を通じてアメリカで力をもち、また水産事業でも力をもち、これらが一つになって動くようになれば、アメリカや自由世界に対する影響圏は自動的にできてきます。ここで経済基盤を築くと同時に、もう一つ準備することは、言論界における世界基盤を確保するための「ワシントン・タイムズ」と、「インサイト」という週刊誌です。現在、これらを通じて世界に影響を及ぼすことができる版図をつくっています。


有り難いのは、水産事業において、アメリカは膨大な資源をもっているにもかかわらず、そこには主人がいないということです。既に、「レバレンド・ムーンと統一教会が主体にならざるを得ない」という評価を受けるまでに上がってきたということは驚くべき事実です。科学技術を中心とした製品の販売市場において、レバレンド・ムーンがアメリカで力をもったといえる基盤を築くために「セイロ組織を五十州に編成しなさい」と指示しました。セイロ・システム自体が国境を超越したのです。今まで、国境を超越した展示場、販売市場はありませんでした。


             


今、皆さんがなすべきことは、アメリカにおいて経済基盤を築くことです。それが先生の選択した、セイロ組織の全国化運動と、水産事業の販路の世界的基盤を築く運動です。これをどのように成し遂げるのかということが現実的な問題として登場しました。それが結論です。現在、機械工業が西欧文明の中心だとすれば、その一方で水産事業には主人がいません。ですから私は、損害を被りながらも水産事業に投資しているのです。そして、セイロの発展のために投資しているのです。そのような結論が出てきます。


ここに投資をして基盤をつくる努力をしなければなりません。このように見ればセイロは、世界の販売組織とアメリカ水産事業に力をもつための基盤です。ですから、「ここに拍車をかけなければならない」というのは妥当な結論です。


             


アメリカにおいて、セイロ組織によって機械工業と水産事業に力をもてば、アメリカ経済を動かすことができる強大な勢力になります。それで今、南米連合機構をつくっています。そのようになれば、アメリカは困ることでしょう。四十年間、先生がこのような頭と能力をもって苦労し、開拓のためにそのようなことをしてきたのは、それが歴史に残る先覚者の行くべき道だったからです。そのようにして伝統を立てることが貴いことなので耐えてきたのです。


先生が縦的な伝統を立てたならば、皆さんには横的な伝統を立てなければならない責任があるということを知らなければなりません。横的基準まで先生が立てなければならないのですか。それは皆さんの責任です。今後、セイロ組織を通じて、いかにして急進的発展をするかを考えなければなりません。


             


「水産事業がセイロと何の関係があるのか」。このように思ってはいけません。今後、セイロの人を水産事業分野に入れ、水産事業の人をセイロに入れるかもしれません。いつでも自由に交替させることができるのです。それを知らなければなりません。ですから事務室も、一つの事務室を使わなければならないという結論が出てきます。お金もないのに、どうしてそれぞれが一つずつもっているのかというのです。この機会にすべて一つにするのです。多くの責任者は必要ありません。一人の責任者を中心として命令すれば、天下が動くような組織にしなければなりません。


アージュ…

2001.9.11

9.11(ナインイレブン)

この日の三日前

飛行機で日本からアメリカのローガンエアポートに到着しました。

無事到着したことと

新しい土地での出発の為の祈りを捧げました


その中で与えられた内容は今でもはっきり鮮明に覚えています。


それから三日後…


テレビやラジオで見聞きして、

たくさんの方が亡くなられたと知りました。

今でも体に悪いホコリや煙を

吸い込んで病気で苦しみ亡くなるかたもいます。


あれから十五年がたちます。


いろいろ闇の世界、あやつられた世界、陰謀論もありますが真実はどうでしょうか?そういうものは、ただ人を怖がらせ不安にして喜んでいるのでしょうか?本当に心配しているのでしょうか?


アメリカは、アフガニスタンの対テロ戦争から始まり

今も戦争中の国です。


何日かまえも銃の事件がありました。すぐ近くで…


サイコパスによる犯罪もありました。すぐ近くで…


みんなが暗くなるのでマスコミもそういう事件には深入りしての報道は避けているようです。


子供にもPepperスプレーを買い持たせています。


自分のことは自分で守らないと。


強い国づくり、

強い国民づくり

酒やタバコやクスリに頼らず


神様のみ言とメシヤの祝福による恩恵による強さ。


そこしかないです。


恨みが恨みを産みます。

戦いの中で生まれ育った子ども達。

テロ国の子どもたちのニュースを見ていたら、人を殺すことで天国に行くと教えられています。

この時代…


サンクチュアリ教会で

亨進様による

生まれてこれなかった闇の中に葬られた者たち…

生まれてきて死んでいった子どもたち…声もなく、力もなく、…

そんな子どもたちの解怨をして下さいますね。


サタンの犠牲になった命に深く哀悼の祈りを捧げます。

言霊

霊界があるという事実を知る人たちは、一生はちょっとの間であり、死んだのちに我々が迎えるべき世界が永遠だということを知っています。ゆえに、一生は、永遠の世界のために準備する期間と思って、準備する一生を送るのです。(1986.2.9)


「死」という単語を使った目的は、人生の意味を知るためです。では、人生の価値は誰がよくしっているのでしょうか。生きようとする人は分かりません。死の境地に入って、生死の岐路で、天にしがみついて人生の価値を打診してみたひとでなければわからないのです。(1974.12.31)


人の一生は、蘇生、長生、完成の三段階を経ます。

腹中の水の世界、

地上の地球星世界、

天上の空中世界で暮らします。

言い換えれば、母親の腹中の水の時代、地上に生まれて生きる百年の地の時代、

飛んでいく空中の霊界時代、このようにさん時代を経ます。(1982.1.1)


天国を開く門

真の家庭より


人生の中でとてつもない悲しみ哀しみに出会った時大事なものを亡くした時…そんな時はどのようにして乗り切りますか?

ナイアガラの滝を間近で見て、船で近くまで行った時、あの衝撃的な自然の前に自分は、なんと小さなものか…

自然は一番の神の治療法だと思います。

海によく釣りに行きますが波の音はとても体にも心にもいいです。

音で火を消す時代になったとTVでみました。

言葉も良い言葉、感謝の言葉、愛ある言葉、善なる言葉もちろん神様の言葉、そんな言霊たちからたくさんのパワーをもらえます。


『霊界という所は、「愛の空気で充満した所」という概念を探すことができます。

霊界では愛の食べ物を食べます。互いに見るのも、愛の目で見るのです。神秘さが形容できないところです。霊界とは、愛の電気で充満したところです。

夢で私に会う現象は、神様の愛の波長を通じて現れるのです。

真空状態…

共鳴圏…

黄金…』


今日も一日読んでくださった方に

愛の言霊が沢山降り注がれますように

お祈り致します。