lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

リサイクルセンター

リサイクルセンターに今から行ってきます。

ワッチュセッチュマウンテンという山の周りに位置するいくつかの町があります。協力しあってリサイクルセンターを週3日2〜3時間程開いてくれます。

そこには家で要らないものをドネーションしたりそれをまた誰かが使うためにもらったりします。洋服、靴を除いてほとんどそろっています。やってくるのは白人の方ばかり。身分証明書をチェックしてリージョンに住んでいることがわかれば参加できます。亨進ニムもリサイクルショップの話をされていましたが、金持ちの多いところは、やはりドネーションされる品々もいいです、掘り出し物目指して来る人もいます。楽しいですよ。

私も、子どもたちの少し使いかけた学用品や、おもちゃ、ぬいぐるみ、絵本などドネーションしました。そしてまた必要なものを頂いてきました。古くなった、使わない、家具、ベッドのマトレス、コンピューター、バーベキューグリル等は、お金を払って捨てます。

クリスマス、ハローウィン、イースターといった飾り物もリサイクルして使えるものは次の人が使うために持ち帰ります。

ボランティアの方々がきれいに洗ったり拭いたりチェックしてくれます。ボランティアのグランマーが「次に使う人のためにキレイにしたらもらう人も嬉しいね」

細かな心遣いに感謝感激。

今日は布地など見に行ってこようと思います。

天一国憲法

天一国、神の王国(天国)は、主権ある実際の国として、まだこの世界には存在していないが、聖書に予言されているように、終末のときに出現することが待望されてきた。真の父、再臨のキリストによって明かされた統一原理、及び八大教材教本がこの憲法の霊的基台をなしている。これら永遠の真理の御言葉の基台の上に、天一国という未来の国家が、政治的及び法的に建国される。この憲法は一教会、一宗教団体の教会憲法ではなく、文字通り神の摂理の結実体として、未来に出現するところの、実際に主権を有する国家の憲法である。すべての歴史が、この未来の神の王国を、渇望し、待ち望んできたのである。

(天一国合衆国憲法前文より)つづく…

停電

今日はペンシルバニア州のニューファンドランドの、サンクチュアリ教会に行ってきましたよ。

天一国憲法の本を買ってきたので少しブログに載せようと思ったら…なんと…天一国憲法と新着記事を見てびっくりしました。わたしも同じタイトルを考えていたところでしたから…また今度載せます。

今日は家族で参加させていただきました。礼拝の内容は本当に深刻な時を迎えているという感想でした。途中でポルターガイストか?と思う停電が数秒間ありました。何だったのでしょうか?

近くで三代王権を守る方々は、どれほど深刻に深い祈りと精誠を捧げ命懸けで守られている。そんなことを考えました。

駐車場の奥の方からフロリダナンバープレートの不審車発見!

殺人事件もまずは停電、そして銃、というパターンが歴史上の流れのようで、子ども達は停電の時一瞬緊張した。と話していました。考えすぎならいいのですが…時も時なので…あと15日…大統領選挙まで。神様の御心がなされますように……。