lilacのブログ

サンクチュアリ教会との出会いで今までの偏り複雑な思考回路をシンプルにする為のブログです。

ミラクル

4年前…

長年の苦痛の種の芽が出て膨らんんで花が咲いて………


苦痛は続く…いつまでか?


苦痛との別れか…

この世との別れから…

未練も沢山ある…


ミラクルジュース、

長女が、そんな情けない母を見ながら作ってくれた『ミラクルジュース』


セロリ、ビーツ、アップル、キャロット、


朝夕、腹部膨満感で食欲不振の私もこれは、受け付けられた。


主治医はその時、腎臓に血液が溜まっているようだ、とにかく、全身のどこかにガンがあり、そのガンから転移して最終的に、脊椎腫瘍になったと睨んだドクターの感、勘、観。


4年前余命を決められたような時だったなあ〜。


ミラクルジュース。


長女の真心も加わって、おかげ様に、ミラクルでした。


キリスト教会の牧師様の本音は、病気を治す奇跡を持ってイエス・キリストの名を伝播したい!

韓国の汝矣島のある、キリスト教会では、牧師様の、癌が治ったとかで、有名になった。


私も、家庭連合に詩を送ったなあ〜


特別大きな奇跡よりも、神様と共にあり、イエス様の、使命をバトンタッチしたお父様を信じること、今のゴタゴタの中でも……

忘れないこと…


これこそミラクル。


キリスト教の母胎信仰を持って生まれてきた夫は、キリストの愛の中で生き生きして自由を満喫しています。


ビールもアルコールの少ないものだ〜と言いながら喜んで、おいしく飲んでます。


酒は飲んでも酒に飲まれるな。


禁酒を、しなければならない人…

病気で酒が飲めない人、生活習慣病など?

信仰的理由でこの世の楽しみを否定している人…

酒に完全に飲まれて理性を失う人、もともとアルコールと相性の悪い人…


酒は教会に来る前はみんな飲んでいた?

酒は飲んでも適度は薬とまでいう人もいる。

私も小さい頃は養命酒を、じいちゃんばあちゃんと一緒に飲んでいた。


卵酒は、風邪薬だった。


なつかしい味だけどばあちゃんの卵酒はもう飲めない…

レシピも知らない…


水と米の旨い故郷の酒は逸品だった。


ミラクルジュースからお酒の話まで飛んでしまいました。


私の叔父は今の私より三歳若い年に脳血管の出血で寝たきりになりました。三年ほど寝たきりで過ごし、帰らぬ人となりました。

ビール大大好きな叔父でした。

一生飲むビールをおばの手作りの料理と楽しんだようだったと叔母が話していました。


人生酒を楽しみ飲む人もいれば、お経を欠かさず読む人もいる。神様へのお祈りをする人。

原理講論を毎日暗記するまで訓読する人もいます。


いろんな人がいます。


人生の目的は?楽しむためなのか?悟るためなのか?

一生懸命生きるためなのか?

成功するためなのか?

人と同じか人より良く生きるためなのか?


私の人生の目的は?

五十越えてもたまに考えます。

自分の為か?家族の為か?日本の国のためか?韓国の国の為か?米国の国のためか?


キリスト教の幼児洗礼式に参加した時、牧師の祈りを聞きながら、統一教会の祝福式、奉献式、を考えました。


キリスト教はキリストと教会の為、その中で良く育つことでキリストを証し、世の光となり塩となるキリスト人になる。

統一教会の祝福式も奉献式も、目的はキリストを真の父母様に変えて祈ると全くおんなじ、


神の歴史の中心人物はバトンタッチしながら続いている。


神様の気の遠くなる、理解されないバトンタッチの歴史を、消えかけた暖炉の火の側で考えています。


明日はオーバータイム。

普通はサンクスギビングの次の日はブラックフライデー、ショッピングですが、私は働きます。

WALMARTではテレビが安いそうです。


特に必要なものは無いのですが、今年の夏、ハリケーンで家ごと流されて無くしたものがあまりにも多い方々もいます。


生かされていることミラクルは当たり前の中にこそたくさん潜んでいます。


神様の導きと愛に毎日感謝です。


ブログを訪ねて読んで下さりありがとうございました。

みんな偽物ばっかり。

家庭連合サイトのブログ、三男さん派のブログ、どれもみんな面白い。


どこに神様がいますか?

心情の十字架

愛するものを犠牲にしながらも、神に遠い人類を救おうとなさる神の心情、


家庭連合?

三男さん派?

反対派?


やはりサンクチュアリである事は一目瞭然。


信仰歴長い方もそれはそれは本心がよくご存知ではないのか?


現実が大きくなりすぎて見えない?


一番、天を掴んで心情の十字架を抱えている、

ゴルゴダの丘に連れて行かれたイエス様の路程

お父様の最後の姿と重なってしまうのは私だけか?


たくさんのチューブを身体につながれ、いや針で刺され無理やりはめ込まれたチューブの数々、身動きも取れない中、天に全てを委ねた姿。


お父様はイエス様とおんなじです。

そう私は感じます。


最後の最後に裏切るのは誰か?

妻子か?弟子か?

すべて裏切り、すべて隠滅、隠し滅ぼそうとする者達の中で、チョンピヨンというゴルゴダの丘で天にかえっていかれました。


心情の十字架


サンクチュアリは、その十字架があります。見えます。感じます。


理論理屈では到底語れない…


天の慟哭する心情があります。


その心情の十字架を、ともに抱えるものだけがサンクチュアリの門は、開かれる気がします。


なんとも悲しみの十字架……


勝利した…と思う家庭連合ですか?

希望に満ちている…と思う三男派ですか?


メシヤをそしてその弟子たちも滅ぼしたい人たちですか?


そんな次元?


心情の十字架を抱えて歩む者達に不平不満、嫉妬?競争?


それらをも燃やしてしまう、神への信仰の炎…


それこそがお父様の心情の十字架をともに抱えて歩む者達…

信仰の炎


お父様が最後に抱えてゴルゴダの丘へ向かわれた


心情の十字架


ともに抱える者

それを抱えて歩もうとする者


本物は?


サンクチュアリだと本心は知ってるんだもんね〜


みんな偽物ばっかり〜


本物も、わからない?


だからこの世の人たちがまだまだ救われるんだよ。ね。

平和をつくっているとおも思い込んでやまない偽善者たち

家にも暖炉が2つあります。

レンガ造りの暖炉です。

火の粉を防ぐ網の柵もありますが、私はこの柵を半分たたみ、火に近づいてこそ丁度よい暖かさが伝わります。


暖炉には遠赤外線効果があるのでしょうか?

じんわりと暖まるようです。

トレーラージョーで日本のサツマイモに似た芋が、丁度この時期に出るので早速3袋買い込みました。


紫芋、里芋、ジャガイモ、も、アルミホイルに包み、暖炉の中へ〜


断食明けたら試食します。多分直火で焼くので美味しくいただきます〜


以前住んでいた100年の家にも暖炉があったようですがボイラーに変えられ、暖炉跡はクローゼットに変えられていました。


アメリカ、ニューイングランド地方に暖炉は先人の知恵だと思うのに、何故?潰したのか?


この暖炉効果は、家にとっても良く、住む人にとっても良い。何が?カビ予防効果でもあるのではないかと思ったりしました。

以前の家では何かと直ぐカビが生えたものです。ボイラーの節約も、原因の一つ……

骨に冷たい寒気がするほど寒かった………


贅沢は申し訳ない!

シックの基本的生活様式は節約と貧乏……

それこそ天がとってくださる内容!

そんな時も必要でしょうけど、

健康面、子供の教育、家族の事も考えないとね…


小さい頃豊かに生活し何不自由なく生活しておいて、急に節約!貧乏は美徳!…それは私だけに留めておいたらいいのかもしれませんでしたね〜

靴も一足あれば良い!

これも私の考え…

トイレの水もまとめて流す…

洗濯物も手で洗えるものは手で洗う…


根っからの貧乏根性だと思います。


夫は韓国でも裕福な家のぼっちゃま育ちなので、私とは正反対。



そんなこと考えたりしながら、暖炉の火のある生活を始めました。

とても気に入っています。

家の周りは木が家を囲んでいるので小枝がたくさんおちています。雪が降る前に小枝集めしとかないと………


暖炉で体の芯まで暖まった感じ、なかなか身体にも良さそうな気がします。


心理面でもなかなか効果ありそうです。


キャンプファイヤーでも手紙を書いて燃やしましたね、宗教儀式に火は、つきものでしたね、


火の効果凄いようです!


神様と共に生活しながら人に左右されず人の噂も気にかけず、

神様と私。

そうしていくうちに

人生の断捨離というものが始まり、整理されていくようです。


不治の病の宣告を受け、あきらめなさいと言われ、この世での生はもうすぐ終わる…そこから周りを見た時、見えるものは?


私が見えたものは?

私が今選択した道。


正直に生きること。

人の目?よりも神の目。


人は昨日も今日も明日もゆらゆらゆらゆら変わるもの、変わらないのは自我の強い私が!の世界だけ。


教会はじめの頃はみんな為に生きて良い人ばかり、同レベルとなると競争!ものすごい!神の子になる為の、神に認められる!そうした心理作戦の競争!


今もその競争の中で頑張っている方々、どのチームが勝利の旗を上げるか!


私はしばらくサンクチュアリの森のなかで癒やされた時間をもうしばらく味わいながらしばし休息を取らせていただきます。


休息は罪?

この摂理の忙しい時に?


それはあなたの考え。


神様の時間、神様を忘れアベル様に合わせる事が摂理?に変わっていたりして…


華やかでペチャクチャおしゃべりして平和をつくっていると思い込んでやまない偽善者たちの時代はいつかは終わる…

いつまでも亡霊のように思い込んだまま時間の中にいる、そこから先は後はすべて絶壁、逃げる考えはない、そこが一番居心地がよい場所。


世界は広い、世の中もまんざら捨てたものではない、

神様を知り、かみさまとともにいるならば、どんなところも、神様と一緒に、良い場所に作り変えれるはず。

誰かを批判したり、陰口言ってシナリオを作ったり、サタンの思考回路は神様は全てお見通し!


神様に与えられた命の重さは軽くはない、軽いと考えて誰も見ていないと考えて、命を粗末にしてきたものは、歴史からも押し出され、顕な姿を己が見る、民族も見る、イエス様からサタンの血統と言われてきたマムシの子らも見る、悪の連帯罪から逃れられるのか?


政治家のような宗教者よりも

真の宗教者は自ら持つアイデンティティが開花したら神様もニッコリする政治家にもなり得るはず、経済をリードするものも、あらゆる分野が神様のニッコリをもらって成功するはず!


キッチンに立ちながら、お好み焼きと、ポックンパッを作りながらたいそうなことを言う自分がコメディアンに見える、人生楽しく考えよう。

恐ろしい目をして、もう世界が終末だ!という目をしてプッシュする人はたいてい影で何しているのか?

長くこの道、家庭連合の中の人たちを見てみてそう思う。

もっと素晴らしい人たちが世の中にはたくさんいる、のに祝福を貰ったからと威張るな!と天罰が落ちそうな人もたくさんいたりして〜


飲み食い楽しみその席が誰かのちと汗と涙の椅子であることを、本来座るべき人を集団いじめして泥棒していることを永遠に気づくのは、1000年後のことか?


聖書にはすべての答えがありますね〜


聖書も知らずに牧師を伝道?

ついてきた牧師は、経済も大変だったかな?


聖なる場所を隠れ蓑にしているサタンの残党がいますね〜


神の前に顔を上げることもできず隠れてヒソヒソヒソヒソ……


笑えますか?

今だけかも…


朝から台所でいろいろ思ったことを書いています

これからお好み焼き食べます。

昨日の暖炉で焼いた芋はあるかな?


外は雨です。もう!すぐ!雪!

あるラジオ局からまた流れました、一日中クリスマスソング!

私は大好き

子供はクリスマス頃がプロジェクトの最終日、近づく〜と言ってクリスマスソングがききたくない?模様です。


春もデェイケアーで楽しくハスキーのお兄ちゃん犬と遊んでもらい、ピーナツバターの匂いのするお風呂に入り疲れてよく眠ってます。

ダルメシアンは、パピーの頃のトレーニングが重要らしく、子どもたちがあれこれ調べてよく見てあげているようです。


ブログを訪ねて下さりありがとうございました。


皆様のお幸せをお祈りします。🍡🍵