lilacのブログ

サンクチュアリ教会との出会いで今までの偏り複雑な思考回路をシンプルにする為のブログです。

王冠と銃

アメリカに、投入されたお父様…


誰よりも一番近くで真の家庭を見てきたアメリカメンバーたち。


何を見てきたのか?


何を悟って来たのか?


そして誰と手をつなぎそこにいるのか?


お母様を守るんだ!


決してご子息なんかに渡さない。


大人はなんであれ、子どもたちが可哀想〜に見えるのは私だけでしょうか……。


バカ息子、親不孝と、教えているのか…


お母様には、私達の子供が親孝行します!


孝情!


そう思うのは私だけでしょうか?


天の父母様と祈るのを当たり前と思ってなんの疑いもない、

どこへ行くのか?

どこまで連れて行くのか!


強制連行ではないか〜


お父様の祝福の賜物、

祝福受けた時、誓った神様との約束!


忘れちゃった?


ところで、アメリカの、家庭連合リーダーたちは、韓国語できるのか?ふと思ったのです。


『子どもたちを救え!


二世たちを救え!』


霧の中の教会の状況下

薄っすらと浮かび上がる事は、

誘拐された子どもたちを、解放する事、親の勝手な判断で強制連行されていく、神様の祝福の子どもたち〜


祝福の子どもたちから王冠を奪い、奴隷の服を与え、危ない銃は、見てもいけない、持ってもいけない、誰かに守ってもらう思考回路。


神様からの祝福家庭に与えられた王冠と銃、洞察力働かせて見たら、それが意味することは?


『王冠と銃』


お父様が祝福家庭に与えたかった物。


Uターンも、早いほうがいいですよ。


サンクチュアリブログだから、家庭連合メンバーは、見てないだろうなあ〜。


ブログを訪ねて来て下さりありがとうございます。

皆様の健康幸福裕福お祈りします。🍉

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。