lilacのブログ

サンクチュアリ教会との出会いで今までの偏り複雑な思考回路をシンプルにする為のブログです。

天一国も幼子のような人たちが見える国、行く国でしょうね。

集団という目に見えない彼らだけが持つ規則?しきたり?思考回路としとこう。


中国で可愛い少女が臓器移植目的の事件に巻き込まれたようだ…


氷山の一角とはこのことか?


名もなく、戸籍もなく、金もなく、奴隷のように暮らす者達……貧乏暇無し、親が出稼ぎでいない…


子どもたちを養育する人もいない…


そんな人たちはあまりニュースとされない事だろう…


人はみんなほとんどの人が生きたい!と強く願う。


が反対に死に急ぐ人たちもいる……


韓国キリスト教会では、

自殺者が天国に入れない…と言う規則を緩和したというらしい。

地獄には行かない?


生と死、

難しい。


人の臓器を、簡単に扱う思考回路は考え直したほうが良さそう…


夫は事故で再起不能となった時、臓器を提供します。にサインした…

私は……しなかった……。


病気だらけの、なんとか生かされている臓器…だから……そう思ったのか?事故死などあってほしくない!と考えたのか?


判断は一瞬!

しかしその一瞬が、何に左右されているのか?


韓マザーの心の奥深くにあった


独生女


幹部の中にもあった…

私は特別、神の子、…


人よりも素晴らしい!

特別だ!

この思考回路はとても厄介な結果を招くとつくづく思う今日この頃です。


傲慢は霊性を不幸へと招き猫?


何故?

お父様は?

激しくマルスムを語られていたお父様は、一言、

お前さんの心は破滅へと向かうよ、悔い改めなさい天一国は、近づいたから。


人間に自由と責任を与えられた神の人間に対する愛があるからね〜


自分で成長しなければならないのでございます。


個人から、家庭、民族、国家、世界、天宙、の段階へのワンステップワンステップ、アリラン峠を越えていく…


ホッロアリランのように……


一つとなれない悲しみを知りながらも、ひとつになって行こうと呼びかけ続けたお父様。


韓マザーの周りには優秀なブレインたちがたくさんいるのか?


普通の少女が20歳以上も離れた男性と結婚式…

一人でなく14人の子女を産み、ずっと私は神の一人娘だと、心に秘めていた。

私ゆえに、20歳も歳離れたお方は救われた。


私の血統が素晴らしい!

2006年のチョンピョンで見た映像がお母様は、素晴らしい…ビデオだった、修練生は、これを見せられてブレインワッシュ、思考回路はチェンジ!

あれはチョット何か間違いでは?と思ったものでした。


いつ頃からか?

五十年も前から秘めていらっしゃったわけです。


心の中に秘めた秘事はいつか必ず現れるものですね。


キリスト教会の、人たちがまだまだ立派な気がするのは私だけか?


この方々が本来ならば神様の独り子を迎え入れる選民たちだったのに……

商売、金儲けに頭を使う口上手な者たちも統一教会には沢山いたのでしょうね。


お金はもういらない…

お父様のつぶやきを私は聞きました…!

お金は持ってきてもいらないよ!

聞いてしまったのでございますよ!


とても感動!これで開放!

そう思って喜びもしましたよ。


それでも金を要求してくるアベルさんたちには????


都合の良いマルスムをピックアップしたのだと、頭をひねりピックアップしたのだと思いました。


神様を知ること。信じること。神様の願いと私の願いを一致させこの世の生を全うすること。


責任と自由で。


神のいない思想

悲惨すぎる…


回路に、自由も責任もない。

あるのは奴隷制度となり

貧乏はいつまでたっても貧乏…金がなくなるように法律ができているのか?


アメリカも中流階級は金が、なくなるようになっている。

むしろ大金持ちか大貧乏が、国の制度をたっぷり受けれるらしい。


そのように頭を使い、制度を利用する人もいる………


神様は祝福家庭を導かれているのか?


自分の家庭を見つめ直して見る時では?


満足大満足。それはよろしいことです。良かったですね。


神様はいない。

今まで信じてきた信仰には、既に残念ながら、神様はいない。そう感じる人もいます。


かつて信じた信仰へと帰る人もいます。

信仰もなかったひとは

酒に帰って酔つぶれているひともいるかも?


神様はなんとか一握り故に忍耐されているかもしれないですね……


鮭が故郷に帰るように人は故郷に帰れるか?

生まれ故郷にいつ帰る?


お父様が帰れと言われたのに、帰っても金もない…子供の教育…家もない…親戚には大きなこと言ったのに…

頭を下げられる方が気分がいい…頭を下げるなんて…自尊心が許さない!


なんて思った方もいたかな?

環故郷も失敗…


聖書に出てくる民族と同じか?


世の中生きていくうえでこうも傲慢さが成長してしまったとは?


謙虚になることが難しい?貧乏でも、神様と共に居るなら、神様は、神の宮を守ってくださるはず。天使たちも限りない、賛美と助けを約束してくれるはず。


サタン魔鬼と、どこかで思考回路がつながってしまったら………

神様はそこから一歩も近寄れない。


神様の訓練

サタンとの闘い


その秘訣は、

聖書の中にあるのですよね。


比喩や喩えの多い聖書をわかりやすくお父様は御身を持って歩まれて勝利されたのですよ。


自分たちの一族だけを考える者もいますね。


祝福家庭が親戚になって喜んで……その心は?


人と比べて自己を中心に喜ぶ?

亨進ニムには子どもたちを絶対〜聞かず見ざる話もさせない!


みんな心を幼子のようにして見つめ直してみましょ〜うよ〜


天一国も幼子のような人たちが見える国、行く国、でしょうね。


長くなりました。最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。