lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

南北統一祈願

今回のブログ内容は、韓半島の統一問題についてお父様のみ言から考察したいと思います。


韓国の大統領が交代するたびに起こる問題?といえば、またか〜の繰り返しの前大統領とその、側近たちの審判ですね。


お父様のみ言より『我が国の政治を執り行う指導者達たちは、国を愛しているのでしょうか。国がどうなっているのかも知らずに、このごろも民政党やら、新民党は、自分が大統領になるといって闘っていますが、やってみなさいというのです。本当に国民と共に生きようという心が彼らにないならば、すべては流れていくのです。いくら立派だといっても、水の泡のように流れていってしまうのです。国民を愛することのできない指導者ならば、国民から、そしてのちには歴史から審判を免れることはできないはずです。』


南北統一のためにメシヤが生まれた韓半島に託された神様の願いとは?

『南北が統一されれば、統一された大韓民国は、堂々と、世界の前で先頭に立って、世界のために犠牲になることのできる、伝統的思想を残す国家とならなければなりません。そうなれば、この大韓民国がなくなり、主権がなくなったとしても、この民族の思想は今後二十世紀を越えて、三十世紀以降いつまでも残り、必ずや世界を指導することのできる民族として残ることでしょう。みなさんはそれを知らなければなりません。』


では、南北統一は可能か?『韓国で南北統一がなされれば、世界の統一は、自動的になされるようになっています。軍事力、武力を使って統一できるでしょうか。とんでもない話です。軍事力だけならば、私は何でもつくることのできる力のある人物です。しかし軍事力だけでは絶対にできないので、このようにみ言を伝播しているのです。』


最後にこのみ言は、私に与えられた…と悟れる方は悟られ、よくわからない方はこんなみ言もあるのね。

『この時代においての願いは南北統一です。北韓と南韓を統一して、神様が安息することのできる基台を、みなさんの家庭と、私たち民族と世界に築くことを天は願っているということです。それでは何をもって神様にお仕えするのでしょうか。他のなんでもありません。自分の母親、父親を愛する以上の、夫、妻を愛する以上の、子を愛する以上の愛を中心として、祭物的な祭壇を築こうというところから、初めて理想的南北統一というものが出てくるのです。理想的東西文化の統合がなされるのです。地獄と天国の解放圏ができるのです。愛をもってしなければ解くことはできません。愛のキーが必要なのです。』


お父様の願いも南北統一。


愛のキーとは?


思うのです。

お父様ならどうされただろうか?

韓国でのオリンピック

北朝鮮をどう迎えられたろうか?


世界的に広がった統一運動の基盤、全てこの一瞬のために準備されていたかもしれないと思うものです。


アベル様方の革命は、ないのでしょうかね、

皆様意識はアフリカでしょうか?


南北統一祈願いたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。