lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

釣り道

明日は、スノーストーム

子供の学校も一日前から、休校との事。


風邪で倒れている子供の、看病…とは言っても自分のことは自分でやっているので、特別何もないのでありますが、

子供の好きな食べ物作って、話し相手になったりと、何かと忙しく、一日のPTOは、過ぎていきました。


お父様み言シェア…

『ハンティングは、肉体運動として肉体の健康のためのものです、釣りは精神の健康のためのものです。座って釣りをするときは自分の一生を回想して、本当にたくさんのことを考えるのです。そのような時間を持つことができるというのは驚くべきことです。自らの過去を分析して、未来の生活に対して設計できます。自分たちにとって最も重要な時間になるのです。威厳を備えて自分自身を静かに省みることができます。それが絶対に必要です。これを東洋では釣り道といいます。

母親の魚が捕まえられて上がってくる時、子魚たちが続いて上がってきます。このようなことを見ながら自分の生活を中心として「あ、釣ってはいけないな!」と考えます。自分の息子、娘を中心として考え、自分の民族のことを考えるようになります。釣りを何年かしただけでも、釣ったものは放してあげたいのであって、釣った魚を食べたいというかんがえは一つもなくなります。それが本当の道です。食べたいという考えがなくなるのです。


釣りを通して特別な人、スペシャルパーソンになりたい人は、『人々が船に乗って釣りに行こうとすれば、気候が良くて気分が良い時にいこうとします。それは、普通の人が考えることです特別な人になるためには、夕立が来て雷が落ちる環境で釣りをしなければなりません。そして雨が降る時、環境的変化、周囲のすべての水がどのように違い、その水が動くことによって魚にどのような影響を与えるのかということは、どしゃ降りの雨が降る所で釣りをしてみなければわかりません。』



『銃を撃つことが出来ますか。ハンティングをしても生きていくことができるのです。熊一頭だけ捕まえれば、一年は食べていけます。そのようなことをなぜ研究しないのですか。』


世の中の食料確保は、お金を払って食品を買う、山にイノシシが、出没して人を襲ってもなす術なし…という話も聞きます。


美味しい自然食たくさん食べて強くたくましいイノシシたち、捕まえたらそれこそ、何ヶ月の食料確保完了ですね。


飢餓問題…世界中で深刻な問題なのに…


お父様のみ言は、生きていますね。


分派は、お父様を中心にアベルカインの分裂状態なのかも…


われこそ正道を言ってる!

あなたはズレてる!


それでも訓読会を通して悟った分、丸くなっていくのかもしれませんよ。


飢餓状態で瀕死の方が、世界中のどこかにも今もいるのです。


痛みも感じない?


相手を押しのけて分派だ!なんだ!


それが宗教とか、神様を知ってる人の姿?


詐欺人達!


詐欺ですね!

これぞまさしく詐欺!


お父様のみ言は、お金にできない価値があります。


だから、悪知恵深い天使たちは、高額の金儲けの道を、見つけたのかもしれませんよ…


自分を中心に…


神様の世界を甘く見すぎてしまったのでしょうね


詐欺ですよ!教会は詐欺だったのですよ!

という人がいますが……


デトックスして、すべて吐き出しているのでしょう。


釣り、ハンティング、

研究してみたくなりました。


お腹をすかせている方が腹一杯ご飯が食べれますようにお祈りします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。