lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

病気休暇中

私の誕生日をこの世で迎えることができました。

家族との思い出づくりがまた一つ、出来上がったところです。


久しぶりに、ステーキを食べたせいか、

1日置き断食で、胃腸がびっくりして消化不良?

それとも、職場で流行りのフルに、感染したのか?


嘔吐してしまいました、食事中の方ごめんなさい!


2日間病気休暇をもらいました。


社会の片隅に寄せ集まったシワの中にいるような白人アメリカ人の、不平不満が、時折見え隠れする時があります。


私らの先祖たちが造った偉大なアメリカに、後で来て何様のつもりか!


グローバル思想は思い切って吐き出すことができず酒とタバコと薬に向かうのか、

後で来たものの、多神教やら共産主義思想家たちは、

強い!


最低を通過したからか?

地獄を見たものは強い?


社会の片隅の多文化多人種会社一つを見ても感じることは様々ですね。


とにかく、ゆっくり体調を整えておりました。


ここから本題に入ろうかと思います。


よく、説教でも語られる  (左派)

について私のよく見ているウイキペディアで調べてみました。


左翼」「右翼」の語源はフランス革命である「左翼」という表現は、フランス革命期の「(憲法制定)国民議会」(1789年7月9日 - 1791年9月30日)における1789年9月11日の会議において、「国王の法律拒否権」「一院制・二院制」の是非を巡り、議長席から見て議場右側に「国王拒否権あり・二院制(貴族院あり)」を主張する保守・穏健派が、左側に「国王拒否権なし・一院制(貴族院なし)」を主張する共和・革新派が陣取ったことに端を発し、続く「立法議会」(1791年10月1日 - 1792年9月5日)においても、右側に立憲君主派であるフイヤン派が陣取ったのに対して、左側に共和派や世俗主義などの急進派(ジャコバン派)が陣取ったことに由来する


「左翼」という用語は通常、「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」を指し、革命運動、社会主義、共産主義、社会民主主義、アナキズムなどを支持する層を指すことが多い。


左翼(さよく、英:left-wing, the Left)または左派(さは)は、政治においては通常、「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」を指すとされる。「左翼」は急進的、革新的、また、革命的な政治勢力や人を指し、社会主義的、共産主義的傾向の人や団体をさす。


対義語は「右翼」「右派」である。ただし右派の対義語として用いられる左派は、右翼ないし保守勢力の中で相対的に穏健・漸進的な立場を指す場合がありうる。


左翼」は相対的な用語であり、何を「左翼」や「右翼」と呼ぶかは時代・国・視点などによって変化する。経済的自由主義や資本主義はフランス革命当初は「左翼」だが、社会主義勢力の拡大後は「右翼」と呼ばれる場合が多い。また「左翼」や「右翼」という用語はレッテル貼りに使われる場合も多い。


左翼と呼ばれる勢力には、多かれ少なかれ根底には専制政治や弱肉強食的な資本主義に対する懐疑がある。左翼は平等、労働条件の改善、社会保障、福祉、平和などを追求する場合が多い。


左翼は総称であり、非常に幅広い潮流を含んでいる。たとえば目標とする国家については、市民や労働者の自治を重視するサンディカリスム、政府を否定する無政府主義、逆に国家の積極的な介入を重視する福祉国家、執権党が一党独裁を行うソ連型社会主義などがある。また変革の方法についても、資本主義の枠内での社会改良主義、議会制民主主義のもとで将来的には社会主義社会を目指す平和革命主義、武力革命を行うべきとする暴力革命主義などがある。


身分制度や封建主義などに反対して近代化と富の増大を求める面では、資本主義と同様に近代主義・啓蒙主義・自由主義の側面がある場合がある。逆に、資本主義による伝統的な地域共同体の破壊や労働者の搾取に反対する面では、保守主義の側面がある場合もある。


ヨーロッパ、特に大陸では「左派」と政党や政治家が自ら公称することは珍しくない。一方でアメリカ合衆国では「左派」「右派」とも批判的な文脈では使われるが、自称する例は少ない。一般に左派は「リベラル」と称されるが、1980年代以降の政治家はこの呼称で定義されることも避け、中道的立場を強調することが多い。これは「保守」を強調する政治家が一定存在し、また「保守」と定義されることを避ける政治家があまりいない点と異なる。


政党の内部において、党内の「左派」「右派」と呼ばれる例も多い。たとえば、旧日本社会党では、社会民主主義的な勢力は「社会党右派」、労農派マルクス主義の流れをくむ勢力は「社会党左派」と呼ばれた



左翼の中でも極端に急進的な変革や暴力革命を目指すものは極左と呼ばれ、テロを行う組織もある。ウラジーミル・レーニンは、各国の共産党において左翼派と称する人々が現実を忘れてむやみに急進的な説を唱えることを指摘し、これを嘲笑的に「左翼小児病」と呼んだ。なお極左と極右は全体主義や党派性などに類似性が指摘される事もあり、また反権力の観点から極左と極右が連係する場合もある。


日本の警察白書では、かつての連合赤軍や日本赤軍、現在の中核派、革マル派、革労協などの新左翼を「極左暴力集団」と呼んでいる。


フランス革命以降

フランス革命直後の国民議会では、王党派に対して共和派が「左翼」と呼ばれた。フランス革命第二期では右翼のフイヤン派が没落し、今まで左翼だった共和派が支配的となる。しかし、政策を巡って再び左右で割れ、新しい軸が生まれる。そして右側には穏健派のジロンド派が座り、左側には過激派のジャコバン派が座ることとなった。


1793年には左翼のジャコバン派が国民公会からジロンド派を追放し、ジャコバンが目指した共和政ローマに似た独裁政治が敷かれた。しかし、ジャコバン派は新興資本家寄りのダントン派と労働者層寄りのエベール派に分裂する。ロベスピエールは両者を粛清して、恐怖政治を強めた。1794年にはテルミドールのクーデターが起き、ジャコバン派が次々と投獄・処刑される(当時はジャコバン派の熱烈な支持者だったナポレオン・ボナパルトもこれに含まれた)。このクーデターによって王党派が復活し、左翼は一時衰退する。


1871年には史上初の社会主義政権であるパリ・コミューンが成立した。


20世紀

20世紀はもっぱら大学教員などの知識人が大衆の左翼運動を指揮し、欧州やロシアではマルクス主義が台頭した。また、欧州では同時に穏健派の社会民主主義も勢力を増大させた。絶対王政が続くロシアでの革命は成功したが、レーニン死後は世界革命を主張するトロツキーが失脚させられ、後継には一国社会主義を主張するスターリンが権力を掌握した。スターリンの独裁体制は、政敵や無辜の民に対する大粛清を行うなど恐怖政治が横行した。


帝政からの解放者としてのソ連共産党が全体主義的な傾向を強めていき民主主義色が薄れていったため、マルクス・レーニン主義から欧州の知識人も離反していった。それゆえ、西欧の共産党や急進左派は反ソ連・反スターリンの傾向を強め、リベラリズムとの親和性が高いユーロコミュニズムを提唱していくことになった。


資本主義を認める穏健左派などと呼ばれるリベラリズム・社会民主主義は欧州(特にフランス・ドイツ・イギリス・北欧など)において福祉国家を建設した。ヨーロッパ大陸の福祉国家は、資本側と労働者側が政府を仲介として協調する(ネオ・コーポラティズム)ことに特色がある。


これに対し、イギリスの社会民主主義は階級制度の残存への対抗から、階級闘争勢力としての社会主義が根強く、ヨーロッパ大陸の左派勢力の福祉国家路線とはやや形態が異なっていた。イギリスの社民主義は、1990年代に新自由主義を大きく取り入れ、第三の道と言われる方向に変化していく。


現在

中華人民共和国やベトナムは、政治的には一党独裁制を堅持しながら、経済的には鄧小平理論などに基づいて市場原理を導入した。


ラテンアメリカではアメリカ合衆国が主導するアメリカニゼーション・新自由主義に対する反発から、ベネズエラのウゴ・チャベスやボリビアのエボ・モラレスなどの反米左翼政権が数多く誕生した。また、反米というわけではないがブラジルの前大統領であるルラも労組出身の左翼であり、現職のルセフもルラの政策を引き継いでいる。1980年代以降一部の左派系の政権も新自由主義的な経済政策を取り入れ始めたため、急進左派勢力がある程度勢力を拡大している。


ドイツでも旧東ドイツのドイツ社会主義統一党の流れを汲む民主社会党PDSとドイツ社会民主党SPD左派が合流した左翼党が党勢を伸張している。東欧では市場経済導入以降の国内の経済格差批判から、党綱領と党名を変革した旧共産党の社会民主主義政党が政権に戻りつつある。


イギリスでは、労働党のトニー・ブレア首相は、労働党の政策を新自由主義を取り入れた第三の道へ変えることで政権を獲得したが、第三の道は支持母体の労働組合の反発を招き、党勢の衰退をもたらした。


ヨーロッパの学派は、日本の沈滞状況とは対称的に、ネグリ、ハート、アルチュセール、ジジェク、ラクラウ、デリダ、バトラーなど、新保守主義、リベラルとは違う第三極として、ニューレフトを模索する運動が盛んである。これらは、カルチュラル・スタディーズやポストモダンなど政治を離れて文化的、哲学的な論及も行うため、文化左翼といった呼び方もされる。


左派についてウイキペディアではこのように編集してました。



人々を革命へと導く者は誰なのか?

何なのか?

なぜ人は革命を望むのか?

命をかけてまで?


この左派達と戦うのが

今のサンクチュアリの使命

銃を持つ権利!


それに反対、よくわからない生温い信仰は、郭グループよりも悪!になる訳です。


AR15を持ち王冠をかぶり、二代王様の祝福を受ける。


受けた者たちがこれからの三代王権の先駆者たちな訳です。

受けない者たちは郭グループよりも悪になるのです。

お父様の権威に戻る祝福を受けておきながら!

天の怒りを買うものとなるのです。



この世と徹底的に戦う、

お父様の、晩年の教会の現実は、この世と教会が同化し、善と悪が、混沌としてきた中に入り込んでいたのでしょう。


しかし、誰も判断力が無い、判断基準と言うものは、原理原則の、お父様のみ言な訳です。


日本沈没を、防ぐために、日本を守るために、いつ来るかもしれない、地震と災害に備えて霊的結界をつくる信仰姿勢の方もいました。


信仰は天に宝を積む訳で決してこの世では、見えない触れることもできない、しかし!

天に積まれた宝は子ども達が困ったとき、病気になったとき、悪霊に襲われそうなとき、きっと守ってくれる!信仰姿勢の方もいます。


統一教会も、羊のように従順で、人間的にも立派な人はいました。バカと言われるぐらい…

お父様の祝福受け立派な家庭を築こうとこの世で頑張る方たちです。


反対にヤクザのような、犯罪者のような、人を人とも思わない、人の道と天の道は違うのか?


この世の政府のお世話になりながら、政府を批判してこそ善なる天の道なのか?


政府を批判するなら政府の恵沢も受け取らない!と徹底してこそサタンからも人からも裁かれない真っ当な生き方となるのではないのか?


タックスリターン受け取るの?

タックスリターンなくて、むしろタックスをもっと支払う人もいます。


変わらなければいけない者は?


私なのです。


お父様が天国を見たのは、地獄を通過されたからこそ理解されたとするなら、生温い環境は余計なことばかり考えて何事もなせない消えてしまうべき存在価値も無い、そんな極端な思考回路に導かれるならば、ストレス性の病気になってしまいます。


神の愛がなかったら全ての万物は呼吸ができないのです。


先駆者になれなかったら?

なれなかったら!

私はそれで良いのです。


95%の神の責任分担

100%にはならないあとの5%は私の責任があるのです。


長い罪悪のDNAが急に変わるか?


韓マザーも、いつかは尊ばれ、36家庭も幹部も救われる日が来るのではないかと考えると、悪と言うのは人自体ではないと言うことなのです。


私も悪になり得るし、一生懸命がんばった事も一瞬で背信者とも呼ばれるわけです。


慣れない銃を持ち弾丸で怪我するときもあり、武道でも、怪我してしまうときもあるのです。


基本が大事です。

教える者たちが、自分の強さを見せびらかしたいがための心が見え隠れする自己中心的な武道家ならば気をつけたほうが良いでしょう。


人類の罪悪のDNAが簡単ではないはずです。


外的強さばかりに気を取られたらどうでしょうか?


内的な神の愛、祈り、み言、は、時には威力ありそうな気がします。


私の世代、子どもたちの世代、コンピューターの前に座り夜遅くまでゲームして共働きの親の愛も?の世代への神の訓練は?


統一教会も、借金地獄と、働けど働けど楽にならない生活と、満足感ゼロの乾いた砂漠のような心の方々がたくさんいたと思います。


天に求めた救いが、地のそこから来たのかもしれませんね。


チョンピョンを通して地獄の門は開かれたのかな?


革命もその後が重要でしょう。


私はサンクチュアリのブログサイトにいても、

三代王権の願いにはまだまだ遠い立場のものですので私の意見は興味本位で読んでくださればよいかと思います。


秘密主義で人を奴隷にし自由を奪う!


やっと解放されたわけですので、洞察力、判断力、

恐怖信仰姿勢は、困ります。


神様とともにあるなら、きっと平安と愛と祈りと訓読会がいつも私の側にあると思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。