lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

ブログ村を散歩中感じた事です

ある方のブログを見ながら夜も更けてまいりました。


あすも仕事なのに〜


なかなかブログ村の散歩は為になります。


韓日家庭に対する特に日本人へのお父様のみことばを読んだことがありますが…どこにあったか覚えておらず……


内容は、村や町に韓日家庭がいたら良くしてあげなさい!


どれだけ苦労しているか親心を感じて心の中に刻んでいるみことばです。


韓国でもご苦労の極みを歩まれている方もいると思います。


韓国に嫁いだ祝福家庭の日本人の数と、北朝鮮の日本人妻の数がほぼ同じだと、何かこれも意味があると教会の中での話されていました。


私の夫も韓国人です。


昔…カープ時代、お父様の祝福の写真マッチングを近くで見ていたらなんと!自分の写真だった!と、その瞬間を記憶しておこう!などとパニックになったそうです。嬉しかったかな!?


お父様へピザの差し入れを持っていった時のこと。

お父様がなぜコーラーなんだ?


たぶんメッコールの時代、


正直すぎる夫は、コーラーがピザと一緒に付いてきました。


じ〜っとみつめておられたようです。


夫は私が異国から来たという理由で大変よく尽くしてくれ、家もキリスト教会、教会を持っている三代がクリスチャン、家族の仲も非常に良い、


しかし………私を受け入れるためには、家族関係も冷え冷えとなってしまいます。


統一教会を受け入れたことでキリスト教会を去り…


今は夫は生き生きしています。


奴隷解放万歳!!!


見ていて思います。


神様も、イエス様も、これまで何処かに忘れていた信仰だったのか?


韓国人だから、世界の統一シックのお手本などそうそうなれるもんではない。


韓国人を信じすぎて理想像にした統一シックは、目を覚ますときでしょう。


朝から晩まで勉強して有名大学目指して、留学して、それでも韓国で就職より海外で就職する人が多いのではないでしょうか?


夫は、自分が学んだこと、知り得る限り、時間を費やして先輩や友人を助けるタイプでして、私はどちらかというと、そこまで助けなくても……


韓国人はなんでも盗むなどと噂を立てるのは反韓日本人…

ホントに嫌いなんでしょうね〜


私の親戚の人は、大学出て務めた会社はサムソン、

韓国に縁があるのでしょうか?


今では遠い国ではないのに、なぜか遠く〜へ距離をおいてしまいたくなる、できれば見えない遠くまで〜


教会幹部の日本人も韓国人もその中にも反韓反日は、いるはずです。



夫はと言うとクリスチャン精神がそこらあたりをよくコントロールしている気がします。


そして何よりも私の母の祈りが伝わるようです。


祈りは通じますよ。


必死で祈る祈りは日本から海を超えてアメリカまで伝わり、いつも祈られていることを感じるそうです。



私の弟は、統一教会の、姉ちゃん達がいると言うことで、結婚当時から嫁の両親から冷たくあしらわれていました。


うちの両親も踏み絵真の父母様の写真を踏め!

と、強要されたくらいです。嫁の両親から

いつの時代か〜

めまいがしますよ。


結果は離婚です。両親もいっきに年をとり倒れる一歩手前でした。母も目が一気に悪くなりました。

私が弟たちの話で不満を言うものなら…

母は、決して私の話と相対せず、今でも嫁の家族たちの為に祈りを捧げています。


人間は霊的感じるのです。霊人体の栄養素は愛!

愛のかけらもなく虐げられた人間関係は、反韓反日として何の得にもならない悪霊達の餌になっていたりして…


両親を見ていると人を愛すること、許すことの大切さをこの年になってかんじますよ。


悪くもないのに謝り続ける日本の今は亡きばあちゃん

誰かの罪まで代わりに謝るばあちゃんの娘が私の母親


人を恨んだり悪口言うことはなかったですね〜見たこともない〜


弟は今はまた良い方と巡り会えて幸せにしているとアメリカまで風の便りが知らせてくれます。


夫も祈りの中で育てられたからか、祈りは通じるようです。


ライラックのブログも長くなりつつあります。訪ねて読んで下さりありがとうございます。



今日はブログ村を散歩中いろいろ感じたのでこんなブログをアップしました。


皆様のお幸せをお祈りします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。