lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

昨日病気へ行ってきた

祝福家庭という意識で、同じ祝福家庭と言うことで、隣人の苦労を背負う。悲しみも背負う。経済的苦しみも背負う。家庭関係の悩みまで背負う。


同じ…であることは、個人だけに留まらず、より集団的に区別されるのか?区別された集団に所属する代価は、全体の良しも悪しきも責任を持つことだろう…


農家の人というと、土地を耕し汗水流す農業に携わる人たちを想像してしまう…

農家も自分の家で食べるだけ作る農家もあれば、野菜市場にも出荷し利益を得る農家もある。

農業は生産市場の中でも一番学問が要求されるのかもしれない。

植物を育てることは、大変だと思う。

害虫雑草を、農薬で駆除する方法は、巡り巡って人間に少なからず長い時間をかけて少しづつ蝕んでしまう結果を産む…原因不明の病気になり、皮膚病を患い神経の病気を患う…こともあるかもしれない。


天文学も、必要、夜空を見上げて明日は晴れるかな?

今では気象情報で、それくらいはすぐわかる!

空は見上げなくてもテレビを見るとわかる。

テレビなどないときはラジオでもわかる。

携帯電話でもわかる。


土地は荒れ果てて耕す主人がいない。

そのうちその土地が誰の土地だったかも忘れ去られていく…そんな土地も世界中でたくさんある。人は住みやすいところへ極端に集中しやすい。


利益にならないことはやりたがらない、直ぐに結果を欲しがる。給料の多さが幸せと比例している。

人間関係がうまくできない、人の言動が気になる。

雑踏の中で心が、殺伐としてくる……

こんな人は…農業を通してものを育てる喜び、責任、時間のコントロール、土地を耕す知識を学び、汗を流しながら自然に感謝する。太陽の光を浴びて働くから身体にも良いこと間違いない。


集団の中で何か問題があると、全体的な問題となる。

集団の中にも良い人もいる。過激派もいる。しかしその集団組織の人間だというからにはその中の隣人であるわけだ…私と同じ…となる。


志が同じなら行動も同じとなる。

志が同じでも全く同じ行動に出なくてはならないという強制はないのに、ねばならない、のではないか?

不安、みんなと同じ?私は大丈夫?

自信がない。


農家も、機械導入、私の家も。品種改良、私の家でも。無人飛行機での農薬散布、みんなと同じで…


無農薬林檎で有名な方は、変人扱いされながらつくりあげた林檎。

みんなと一緒にすることが良い時ばかりではないかもしれない。


祝福家庭にもいろんな家庭がある。

農家にも貧富の差もあり、土地の大小差もある。



この世の中は、

集団の中に入ろうと思わなくても、区別されて見られる…

アメリカの中では人種の区別から先ずは振り分けられる。

それが良いとか悪いとかではなく区別することで相手方は人との接し方を数秒のうちに処理していく。


人種、年齢、性別、言語、フィジカル知能はどのくらいか?

メンタルヘルスは?

処理されて、距離を作り、行動開始!

自分に得になりそうな人…

なんの得にもならない人…


今回の、トランプ大統領と、金正恩委員長の、駆け引きは始めっから駆け引きだったきがする。


韓民族はなかなか興味深い性質を持つ民族だと…思う。


こんな時だからこそ霊的に敏感になる時かも。


昨日病院へ行ってきた。

私の主治医が病院をやめてから、それから病院へ行っていない。

久しぶりの病院。

急な予約だった為、メディカルドクターではなく、

ナース・プラクティショナー、日本ではまだこの職種分野はない。

診察を受け話をして薬を処方してもらい家に帰り薬を調べたら……

とても危ない薬………

とんでもない薬を出してくれたもんだ……


貴方様ならこんな時どうしますか?

せっかく出してくださったからね〜飲みましょうか?

薬の効用よりも副作用が多い薬、ステロイド剤、それも、がんの治療薬…

以前私の体に2つの腫瘍が脊椎にこびりついていた、

今も、原因不明のシンドロームで、急性期が来るたびに疼痛がある。疼痛とは、痛風ではありません。疼痛は痛みのことです………どなたかが、私のブログを見て痛風もあるのね〜と話されていたと……か……


そのNPは、どのようにして治ったのか……

今の腰の痛みより、とにかく気になる様子。

糖尿病も、高血圧症も、高コレステロールも、以前の薬の記録を見ながら?????

アメージング〜アメージング〜


処方された薬………服用していません。

アスピリン81mg一日一回、だけ飲んでいます。


急性期が過ぎると良くなるのに………

と思いながら………


処方された薬を飲むのは私の責任分担、

処方された薬は、今の私に一番効果効能ありと思って出してくれた。ありがたい薬、しかし……

痛みは、とても私を憂鬱にするときがあり、

副作用のうつ病誘発とその他の精神病誘発は、ちょっと待った!

副腎皮質ホルモンだから、副腎皮質が、ホルモンを作らなくなる副作用もあり!糖尿病誘発!もう〜痛みは何処かへ吹っ飛びそうな副作用の数々。


NPにあとで嫌味を言われても、これは遠慮したいと思ってゴミ箱へ捨てようか?


多分ゴミ箱へ……


その夜夢を見ました、

たくさんのマウスたちが実験されている夢…

自分の研究のの為に私に協力要請したハーバード大学の教授もいました。

珍らしい病気を持つ苦労もあります。


自分の体の管理は自分がしないで誰か人任せは……

自分看護も自分で計画立てて、周りが協力してくれる環境なら、ほんとに感謝です。


名医は簡単に薬は出さない!

以前私の脊椎腫瘍を、外科的に、治療するためにハーバード大学教授でもあり、ほとんど海外へ出張してなかなかアポイントとるのが難しい主治医


彼の治療方針、患者一人に対する時間管理

、ダラダラとおしゃべりは、全くなく、要点をよく把握して話している。

流石外科医…

時間主管が、上手。

薬も必要ない。

なんともシンプル。


本物はやはりシンプルか!と思ったものです。


あとしばらく体調整え、リハビリしながら日常生活へ復帰していく看護計画中です。


最後まで読んで下さりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。