lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

日本人によるテロ事件

日本国内で起きた過激派による事件…連合赤軍

同じく、新興宗教による、反社会的事件…オウムのサリン事件


高学歴学生たちの共産主義活動…テロとも言える過激な行動は、同じ年頃の今を生きる若者たちにも考えさせられる内容だと思う。

<同じ時代を生きて、統一教会を通過した私にも何かを深く考えさせられたようだ。>

若者たちは、何かを変えようと、命をかける。

共産主義思想こそ地上天国を作れると信じて疑わない。

オウム真理教こそ、自己完成への道だと必死に修行に励む。

組織の中で、人が死んでも、犠牲になっても、

大きな目的のために命を落としたという。誰の責任でもない。


同じ日本人が起こした日本人によるテロ事件。


宗教教理こそ、彼らの法律律法である。

この世の法律は彼らにとってこの世のもの。

世捨て人たちは宗教の掟こそ命よりも重要視する。

しかし、人間は弱い、体の思いが心の思いよりはるかに強烈な欲求を叫ぶ、

人は弱い…

怖がり…

掟を守れなかった良心の呵責をなんとかしたい…


自分は悪くない…教祖様がおっしゃいました。

全ては誰かのせいにしていく…


集団の恐ろしさ…誰もが責任逃れしていく。


加害者と被害者が生まれる…


法の届かぬ、過激派思想家宗教組織

何が善であるのか何が悪であるのか?


感情も、思考も麻痺してしまう。

自分の愛すべき人たちを捨ててこの道へ入った者たち…その時点で既にどこか麻痺症状の進行が始まる。


同じ同士を裁きあう!そして死ぬまで責める。

完全に狂っている

共産主義国家を夢見る若者たちが日本国内で起こしたテロだ…



…高学歴、裕福に育った者たち…何かに満足せず満たされず、過激なテロへと走る。

目的は平和の為、反戦のため、

敵は傲慢で弱虫で怖がりの自分自身の中に……お座りになっているかもしれない。

家庭が悪い!社会が悪い!国が悪い!他の国々も悪い!自分を、もっと大切にしてもらいたく、理解してもらいたく、汚い言葉で罵り、つばを吐き、人を人とも思えない…神を知らない者たちの最後の選択は…破壊と破滅。


自分の家族すら愛せない…

自分の生まれた国さえ愛せない…

祝福結婚で、幸せ指数はどれくらいか?

みんな幸せなのか?


恐がりで弱虫なくせに、傲慢だったら、宗教団体から離れることもできない?

アベルに物申すことも畏れ多い?


組織も完成されたら一人の人間の似姿として動く…

人間の完成は?

お父様は神様になったのか?

お父様の願いは何だったのか?


お父様の願いよりも、自分たちの地上天国を、作くろうとする者たちがお父様を利用していたのか?


神様の願いも

お父様の願いも

とてもシンプルだった気がするのは私だけ?


もしかして、祝福家庭と言う私達の中にも、連合赤軍のような思考回路を持つ方もいるのではないか?


オウム真理教の、反社会的思考回路を持つ祝福家庭の方もいるのではないか?


組織の中で、人は狂い出す可能性もある。

究極の貧困の中で人は何を見るのか?



地上天国を本気で作ろうと思うのか?

自己満足のための理想論主義者たちの、戯言か?


今の艱難時代、しっかりしないと…ね。

こんなことこの頃思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。