lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

何事もないようにお祈りします

このごろの日本のニュースを見ながら、オウム真理教の、記事がよく目に付きますね。

それを読みながら日本人記者たちが書く新興宗教、オウム真理教、そして統一教会…

どちらもマスコミは良いニュースは発信させない。

それでも、なぜそこにいる人たちは、また別の世界観をもち、秩序を持ち、幸せに暮らしている。

この世の人が欲しがるものと

宗教を持つ人が欲するものは正反対…であるのか?

この世が悪で、宗教の求める世界が善、

この世の全ては嘘で、宗教が求めるものは真実、


宗教間の闘いは終わりがない現実も、誰かが宗教という名のもとに自分が信じる教祖、教理、集団組織の為に命までかけている現実です。

幼い少年少女達まで宗教の犠牲者?とも言える現実。


だからといって、宗教を嫌い、神様までも遠のくことが、正解だとは思いません。

神様はパーワースポットの、最大スポットであり、知恵の王でもあり、長寿中の長寿ですよね。

ポルターガイストも、神様のパワーの前には静まり帰る。

だから神様は知るべき神様とともにいるべきですね。


マスコミの宗教観は犯罪者を作る、宗教はアヘンだ、

宗教なんか持つべきではない。

日本にいる限り、古事記の神々を学び、日本の王家に侍る良き民であるべき…日本にいる限り…永遠に…

日本国の古き昔から祈りは国土の中に宿っている。

他の神など迎え入れることは………できないくらい。

しかし、時々、神になりたい人も生まれてくるのだろうか?

どんな天使達が導いているのだろうか?

日本で新興宗教は日本国に合わせた、文化に習慣に祭りに合わせた宗教となる。

家庭連合は主体の位置から相対の位置になった、新興宗教と、呼ぶべきか?

組織が生きていくために、試行錯誤の中から今、ある姿か?


お父様とは一度もお話したことがなくても、長いこと、思考回路の中心に位置していた方です。

頭を叩かれたこともなく、厳しく実績追求されたこともなく、

知ってるようで、ほんとに知ってるのか?

想像の中での信仰観?

クリスチャンが、イエス様を慕うような、

弟子になりたい、命を捧げ、お慕い申し上げます!

イエス様を世界中に広めたい、イエス様の愛を実践したい。

とても…難しい…今更ながらこの道は難しいと認めます。まだまだ私は未熟なものでございました。

サンクチュアリの、ブログにいてもよいのやら??

手と手のシワを合わせなんでしょうか?

しわ合わせ………幸せ!

変な洒落まで思いつく思考回路ですが…多分痛みが吹き飛んで…幸せ気分なんだと思います。


それでも、キングが暗殺リストに名があるとか……

物騒な、闇のキング達に闘いを挑まれてますから……

ご存知だったと思いますよ…きっと……

命をかけていらっしゃいますからね…

でも、臆病な人ほど強くなれるかも。


何事もないようにお祈りします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。