lilacのブログ

サンクチュアリ教会との出会いで今までの偏り複雑な思考回路をシンプルにする為のブログです。

イエス・キリストは、ユダヤ教にとっては異端だった

韓国人とキリスト教


そこで切っても切れないのが

神社参拝

キリスト教にとっては異端…


天国に行くためにも、神への信仰を貫き、教理とズレた曖昧でたくさんの神々の元へは絶対に行かない。


立場を逆転してみたら、お互いがお互いを異端視して止まない、宗教間の葛藤。




神社参拝に反対することはキリスト教信仰を守ることと信じてやまなかった。

日帝時代、キリスト教は韓国人クリスチャンの心を掴んで離さなかった


日本のクリスチャンも、キリスト教信仰を貫き殉教者が世界で一番多いと聞く。





聖書に書かれている異端に気をつけるように偽預言者に気をつけるように…


なぜ、聖書は警告したのか?

キリスト教が国教になるまでに、どれほどのクリスチャンたちの血が流されたか?


異端が、正統に変わるまで…

イエス様の名が地から天に響くまでどれほどの時間が流れたのか…

かつて、日本のクリスチャンも命を懸けて神への信仰を守り通し、異端視と闘いながら殉教者として神への信仰を貫いた。


なぜこの道を選択したか?

奇跡がおきて、裕福になって、病気も治り、全てにおいて物申すことないくらいハッピーになったら…みんな行きたがる。

来るなと言ってもすべてを捧げても競って行きたがる。


しかし、神を信じ、イエス様を信じてついていった初期のクリスチャンたちの道は、ライオンに食われながらそれはそれは悲惨な殉教の血の道だった。


一人ひとりの名前は記されてなくても、神様の記憶の中に鮮明に記され記憶されている事を私は信じたいです。




初期の韓国キリスト教会


異端との戦い、

神社参拝という異端。



今も語り継がれる神社参拝を、拒否して投獄され、殉教した牧師たちの話…


涙なくては聞けない…

韓国キリスト教会歴史

異端と神社参拝



韓国キリスト教会は、

お父様を異端とし、遠ざける…

可哀想なキリスト教徒たち…


お父様の弟子たちは正常だったか?

立派な方もいた中、どうしょうもない悪人もついてきてたはず…

宗教の隠れ蓑…隠れていた者…利用したもの…

祝福…結婚…いろんな人がそこにはいたはず……


蕩減と…結び付けられて…


探し出さなければならない答え…誰も教えてはくれない。

なぜなぜなぜ?


疲れ果て病魔が身を蝕み霊界へ旅立った人たち…

答えを探しながら…


お父様…


ヨスで、韓日の姉妹たちを集めて下さり、力を振り絞りみ言を語られながらすべてをご存知だったお父様…

その時?

韓マザーはどこに?


韓マザーをとやかく言えない…その時私も韓国ドラマに魅せられていた……


なんと霊的にボケットしてしまっていたのか?


霊的にも蝕まれ、


そんな時、聖書をもっと勉強してたら…


聖書も、イエス様もよく知らない?


韓国キリスト教会のかたくなな心の扉は、再臨のメシヤを受け入れないように思考回路は異端論へと続いている。

繋がる道がない。今のところ見つけるのが難しい。


病気が治ったのも、私を中心に私の信仰、私の祈祷、私の教会のおかげという思考回路


私の為に祈祷してくださった方々も、私の神様が働かれ役事されたと解釈されて、神は、ここしかいらっしゃらない、という思考回路




神様を、閉じ込めてしまう宗教、異端には決して神はいない?


異端とは何か?

お父様はメシヤではない

私がメシヤと、家庭連合の兄弟姉妹みたいに割り切って自分の地位と経済のために歩んだら病気にもならず楽に歩めたか?


人生楽ありゃ苦もあるさ〜


慰安婦問題が、韓国政府の思うようにうまく行かないのも、霊界があるからね…


たくさんの韓日祝福の兄弟姉妹たちの涙と血と汗を、霊界は知っているからね…


名もなく、蕩減として片付けられ、人たちの意識の中から簡単に消え去った…

本物の殉教者たち…


日本からも韓国からも慰安婦の、方々以上の孤独で惨めで悲惨すぎる道を歩んだ方もいるのではないかと……


女性として家庭のために国の為に犠牲になった人もいるけど、神様の為に再臨のメシヤを信じて犠牲の道を喜んで明るく歩んだ兄弟姉妹たち…

霊界へ旅立った兄弟姉妹たち…


ある日本人女性が韓国で出産した話


子女を生む時、声も張り上げず産む姿を見た、韓国の医療チームは言ったそうです。


日本人女性は辛抱強い!


韓国人が見る日本人の姿が少しずつ変わっていった実話でした。


お父様一人が、悪だと押し付けて、統一教会の牧師である事

祝福家庭であったこと

忘れてましたか?


年をとりすぎて明日、痴呆症状が出る前に、少しは深刻に考えてみたらどうでしょうか?


お父様は誰ですか?

あなたにとって?わたしにとって…


イエス・キリストは、ユダヤ教にとっては異端だったそのキリスト教もたくさんの異端問題を抱えている



神様を教会の中にだけ閉じ込めてしまったからか?


イエス様、旧約時代を解放された方

その当時は誰も気づかなかったけど…


お父様の残してくださった家庭盟誓…


解放釈放…


神様といつも共に生きる時


必ず成せると信じて行ける時


難しい時を通過されている方

病気で苦痛を抱えていらっしゃる方

神様のご加護がありますようにお祈りします。

ゾットする

素朴な質問です。


土地所有を、家庭連合は認めますか?


土地の所有は教会?

まだ?


ちょっとはかわったかな?


亨進ニムはサンクチュアリの礼拝で、土地所有者になりなさい!


驚きですね!


家庭連合かつての統一教会を、脱出して、救命ボートに乗り込んで、お父様の遺言を信じて三代王権につながった方が言いましたよ。


「昔に帰る?そこはゾッとするところだった…」と…


愛のかけらもない…そこは昼の神様が集まって神の愛する人たちをコントロールする…

北朝鮮を、知りたければ、かつての統一教会…今の、家庭連合、そこには神様は、いない…いるのは昼の神様信仰。


ゾットする!本音を聞きましたよ。


サンクチュアリ教会へ救命ボートで大海に漂い、後ろを振り向く…なんてしたくない…

なぜ?

ゾットする…


お父様はいない…


亡霊たちのすみかになってしまったのか?


それでも、底まで、知らない、感じない、方々は、

笑って喜んで、何でもあります、ひとりさんのお話も良い話でしたね!なんでも大丈夫!

昼の神様でいっぱいです。

健忘症の現れか?

痴呆の初期か?

痛みなど感じない躁状態。


一生懸命、

精誠を尽くした人


そんな方も家庭連合には帰りたくないそうですよ。

ゾッとするそうです。


土地を買い、コメを作り、腹いっぱいご飯を食べさせてあげれるように、祈祷している方が土地を買ったらどれほど世のため人のためになるか?


愛の減少感…これはなんとも醜い、霊的に最低な姿を見せられます。


人は愛の減少感には生まれつき敏感です比較能力ありすぎです。


何故?神の愛するものが犠牲となり孤独で迫害の道を行くのか?


真の愛……ゆえでしょうかね…


精神的にも、霊的にも、大変なときは、距離も置くのもたまにはいいですよ。


ゾットする…方も


救命ボートで離れて正解でしたよ。


わかります…その世界…


ゾットさせている人は人をゾッとさせているとは微塵も感じないのですからね。


そんなもんです。

そんなところです。


神の愛は…崇高な神の愛は…


シンプルで、平凡で、平安なところ、家庭の中からかもしれませんね。


夫婦円満。

一夫一婦で、二人の人が入る国


天一国。


シンプルです。ね。


皆様のご家庭に、

神様の真の愛のご加護がありますよう

お祈りいたします。

慈愛

日韓関係は、誰の思考回路の中で動かされているでしょうか?


昨日のこともうっかり忘れてしまう人間様が、過去の昔に、それほど精通しているのでしょうか?


それしか、国家間での話し合いというものがないのか?


会話のない夫婦みたい、会話は、楽しくしなくてはね。


日本は島国で地震もたくさんありました。

日本人とは名ばかりで実は大陸の、海の向こ〜う側から先祖たちは来たりしていたりしてね。


じいちゃんが言ってました。

口の聞けない方がいたと……

ホントは話せるのに言葉が違うことがバレるから口の聞けないふりしてたかな?


などと私もこんなこと考えてしまいます。


小さい頃友達の中に「アチャア!」を連発する口癖の人がいました。

韓国でも「アチャア」という人見つけました。


島国…どこからでも入れますどこからでも海を渡り何処かへ行けます。


友達の顔を見ると面白い顔だなあ〜と、友達ひとりひとり顔の違いを観察していました。

この人の髪はなぜ天然のパーマなのか?

この人の苗字は変わっている…


島国で地震で住めなくなったところも、時間が経てば、どこからともなく人が集まる。


山間にひっそりと住んでいる人もいたでしょう…

なぜ隠れるようにひっそりとそんなところに家がある。



何を言いたいかというと、

世界中には「私」「あなた」にも遺伝的つながりのありそうなそっくりさん、なんか似ている人がいるという話です。


国家間、過去の問題にとらわれることで何になるというのか?


夫は相手の立場に立った場合同じことするのが歴史です。という持論です。


韓国も日本の立場だったら歴史的同じ事をしていたという考えらしいです。


韓国の政治家は、国内でも国外でも発展的に考えきれないのかなあ〜?

欲しいのは人脈と金脈の為かな?


だから愛国者は反日になると今でも思っているのか?

特にアメリカにいる在韓韓国人の愛国心は子ども達へ反日歴史教育か?


反日の根の腐った木にはなんの実りもございません。


謝罪とは?


強要罪にも通じるような過度の謝罪要求、

はたしてこれでよいのか?

日韓問題はどこまで行くのか?


北朝鮮の中にもたくさんの日本人妻たちも海を渡っていきました。


人間様は知ってるつもりでも知らないことが案外山ほどあったりしてさっ!


お父様を受け入れなかった天宙的次元での謝罪は!

韓国人よ子孫の為に祈りましょう。


『すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がないあなたは他人をさばくことによって自分自身を罪に定めている。裁くあなたも同じことを行っているからである。

わたしたちは、神のさばきが、このような事を行う者どもの上に正しく下ることを、知っている。ああ、このような事を行う者どもをさばきながら、しかも自ら同じことを行う人よ。

あなたは、神のさばきをのがれうるとおもうのか。それとも、神の慈愛があなたを悔い改めに導くことも知らないで、その慈愛と忍耐と寛容との富を軽んじるのか。

あなたのかたくなな、悔改めのない心のゆえに、あなたは、神の正しいさばきの現れる怒りの日のために神の怒りを、自分の身に積んでいるのである。神はおのおのに、そのわざにしたがって報いられる。

すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、光栄とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちがあたえられ、他方では、党派心をいだき、真理に従わないで不義に従う人に、怒りと激しい憤りとが加えられる。悪を行うすべての人には、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、患難と苦悩とが与えられ、善を行うすべての人には、ユダヤ人をはじめギリシャ人にも、光栄とほまれと平安とが与えられる。なぜなら、神には、かたよりみることがないからである。』


ライラックのリマでした。

ハッピーにお過しください。