lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

修学旅行

情報が溢れかえっている現在、

ありがたいと言っていいものか?

情報処理能力が、的をついて我が身のためになっているか、どうか?

ただ、振り回されて、映画でも見たあと味、

面白かった!怖かった!


何が真か?


夫のメールにカカオトークからサービス打ち切りの知らせが届きました。


何かと便利だったのに〜


しかし私には打ち切りのメールは届いていない!


何か韓国の情報が、コントロールされているのか?

怪しみだした次第です。


ところでとんでもない事態が起きています。


韓国人のマインド大丈夫か!


韓国では、修学旅行で北朝鮮へ行こう!


止めてほしい!


子供を平和のリトルエンジェルスとでも思っているのか!?


アメリカの高校生が銃規制デモで大人たちに訴えているからと言って、韓国も子供たちを使おうとしているのか!


真実は権力者の意のまま…か…


早く、出国です。

飛びすぎた発想でしょうか?

おそすぎます。気づいたときは。


船の準備は大丈夫や〜


もしもの時のために、

霊的にいつも敏感になっとかんとね〜


生き残るのよ〜


また逢う日まで〜


生きて会おうね〜



愛されたものは愛がわかるけど…


暴力を振るわれたものは破壊したい…ボロボロになるまで…

自分とおんなじように…一人では寂しいから…


そんな思考回路の集団が、集まって破壊へと向かっている


愛されたものは愛がわかる。


世界の為に、祈りと愛で、神様に繋がり、

片手に銃、もう片手に聖書。


そんな映画みたいな日が、私の生きているうちに来るとは考えてもいなかった。


銃など恐ろしくて使えないとか言ってる場合ではない。


サイコパスの破壊者たちに育てられた子ども達が、また事件を起こす。


話は戻り、韓国の学校の先生達、大丈夫か?


私は韓日家庭だから、他人事には感じられないのです。


オンマーの国の日本

アッパーの国の韓国

両国を悪く言うなんて歴史の時間スキップして絶対子供には歴史は学ばせたくない!

両国さえも歴史観が違うのに、韓日の両国を先祖に持つ子どもたちにはどう映るのか?


両国が互いに悪口言い合う物の取り合い、言い争い、終わりなき戦い、意味あるのか?


嫌でも学ぶことに意義あり、勝つための戦略を、芽生えさせることに教育の目的ありか?


そのうち子どもたちは歴史を信じなくなる。

そんな国で教育受けさせたくない、留学させる。



過去は過去、引きずりすぎると未来は暗い。


暗いニュースが多い中の、楽しいこともない世の中、そう言って子どもたちはこの世を去る。

破壊力が自分一人を犠牲にして止まる…


全ては螺旋状で巡り巡って回り回っていると考えると、心のペットボトルに、神様のみ言をたくさん詰め込んでいくことは私の中の細胞が神様のみ言で生きている。

神様が見つめる相手を傷つけようとか思えるか?

自分が痛みを覚えるはず。


たくさん生きたからこの世に早く生まれてきたから何でも知ってるわけではない。


たくさんの知識も自分を傷つけたらなんの役になろうか?


他国を撃つことは巡り巡って自国の宝に、流れ弾があたるかもしれない、とは考えないのでしょうか?


愛も与えたら忘れる。

恨みも恨み言を伝えたら忘れる。

難しいところでしょうね…


私以上痛みを抱える人を見て

比べて、まだ私は楽な方〜そう思ったら気が楽になる、それが大概の人の思考回路。


子どもたちの目に映る大人たちの嘘の世界…

まだ、北朝鮮へ修学旅行行くときではないのではないですか?

それでも行かせますか?

私が子どもたちの親ならNO!です。


国の為に、子供を戦地へ送った大勢の母親の気持ちを思い出します。


そこまで深刻にならなくても〜?


アメリカの大学生の崩壊されて帰国した姿こそ忘れるべきではないでしょう。


皆さんはどう思われますか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。