lilacのブログ

サンクチュアリ教会との出会いで今までの偏り複雑な思考回路をシンプルにする為のブログです。

NOという事

ブログ村を散歩〜


亨進ニムの説教拝聴。


人はまだまだ家庭連合が多い、

しかし家庭連合が思うような絶対献金!

絶対奴隷のように!

脅しても恐ろしがらせても不安がらせても、

人はついて行けない行かなくなった!


サンクチュアリにはつながらなくても、お父様のみ言を生活の中で実践し人を導き、善に生きようともがいている方もいるようだ。


サンクチュアリ救命ボートの代表者に、会いたい!

訪問者の足はそこへ向かう。

誰が止められる?

家庭連合もそこまではアベルの管理不足となるのか、止められない。


それでも情が動くように人は真の愛を、真実なる人を求める。


高額献金を要求されてもしない様に!

そう言われて後で感謝。


高額献金要求者の責任転換先はすべてお父様!

お父様が言われました!お父様が必要とされています!お父様!


その魂胆は自分の実績、褒められたい、認められたい、

善の競争…銭の競争?


NO!!と言える?

NOをいつどこでどんな時に言うべきかわからない信仰者たちになってしまったのか?四方八方自己主張はNO!

すべてをYESという人に作り上げられたYES洗脳?


小さなことから大きなことまで……




すべて、はい!はい!はい!


なんでも、できます!やります!


疲れて疲れて疲れはて……


思考回路も迷路の様…


アベルの事ばかり考え、アベルは今何を想い考え……以心伝心…


夫婦が以心伝心!

なのに、なのに、電話かけるのもアベルへ

アベルに相談!


祝福家庭の夫は…いじめられている?


女は強い〜

強すぎる〜


この世での結婚難しいはず〜


祝福受けて年下の男性と結婚〜


強い母のような奥さんたち〜


いうこと聞かないと妻は、恐ろしいので……

夫たちの心の声…

弱すぎる!


女に負けてる!


そんな統一教会の女達をコントロールできるのはやっぱりもっと強い韓国の男たち!


しかしお父様を立てなくてはならなかったのに天使長の血は踊った!狂い舞!


そろそろ「NO!」と言う事も必要かも。


余計な事に時間を奪われ、

してあげる、これもしてあげる、なんでも差し上げる。


聖子になる為に!

YESマンになる?


私は何を見つめならどこへ向かいながら生きているのか?

私は誰か?



女性が問題でございます。



お父様の生涯いろんな宣布をされました。歴史的にそこへ参加されともに勝利をお祝いされた方々もいます…が今はどこへ?


ある人は1950年代ある人は1980年代ある人は1999年頃…その頃の摂理を今も歩み続ける人もいますか?


初期のみすぼらしい姿メシヤはトックマンドゥーをおいしく召し上がっておられた…

作って差し上げた…

その頃の時代を今もみつめながら生きている初期のメンバー…


裕福になられたのは私の家がその時メシヤに良くしてあげたから…

私が!わたしが!私のお陰よ!

だから私も裕福になって当たり前!


たくさんのメシヤのもとにいた人々はみんな去り残った人はメシヤと遠かった人たち…


YESマンになったら天国へ行けるのか?


はじめっから最短距離などない、無理して道を作り台風で土砂崩れ…人生もできない時は恥ではないからできない事を無理せず、焦らず心配せず、少しずつでも努力し続ける。


忍耐強い力。


神を知り神の願いを知り神とともに歩む。


サンクチュアリも、お父様の願いと共に歩み続ける時必ず人は集まりますよ。


王冠と王権を守るのは、カインとアベル三大王権の使命。


そこへ集う者達の使命は自らのサタン分立と真実な姿。


それぞれが責任分担がありそれ以上をしてあげた!お節介は焼かないほうが良いかも、愛は与えて忘れなさい


忘れない執念深い性格が災いするようならクールに手出ししないで祈りましょう。


韓国だけを愛し愛国心に燃えた食口はそれ以上はなかなか発展できない。それがわかったらそれを認めそこまで、それ以上求められたら、謙虚に謙遜になり足らない自らでございます、それでも良かったら国を超えとうございますどうか神様の導きがありますように神様の知恵を与えて国を超え世界を愛することができますように…


等の祈りも必要かも知れません。


足らなさを認める人、恥?

それは恥ではなく潔い人かも。

天の国を作るためには。


これからキリスト教会の食事づくりのボランティアへ行ってきます。


「日本人を代表していくんだ!

私を見る韓国人は私を通して日本を見る!」


などとブツブツ独り言…


皆様の一日が幸せでありますように。🍱🍱

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。