lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

霊界からのメッセージを読んだ感想です。

霊界からのメッセージというものを読んでみました。

教会で1993年頃から金孝南さんのチョンピヨンでの祈祷がざわざわざわつき始めた頃です。私の教区の教区長夫婦は、疑わしいから行かないようにと警告していました。しかし韓国で歩む姉妹たち、特に想像を絶する供え物のような立場で問題解決を必死で願う者にとっては救いの手だったと思います。朝早くから新聞配達をして腰を悪くする人もいました。私も腰が今も持病化しています。


霊能者、霊界を告げるイタコ、地元にも一人二人と霊媒師、いらっしゃると思います。

その方々の霊界の範囲で語られているのでそれが全てと信じて受けてしまう側が注意がひつようではないでしょうか?

今回の霊界からの手紙も亨進様については書かれていません。

霊界から受け取れない次元だからではないでしょうか?うまくは言えませんが…

神様の悲しみの涙を解放するためにイエス様の使命をなす為に出発されたお父様の霊界…すぐにわたしたちは相対できたでしょうか?

お父様が2006年頃チョンピヨンで「時がある…霊界に引っかかる…」

チョンピヨン摂理の終わりを促すようなつぶやきでした。私は『何故直接チョンピヨンを終わらせることができないのかなぁ〜』

わたしも考え方がなんでもチョンピヨンで解決できる他力信仰に染まって大事な事を忘れていたわけです。

お父様は何でもかんでもワンマンにパワハラで人に接していませんでした。

幹部たちは、それを知っていたと思います。

お父様はその人が善悪の木のどちらを選ぶかその人の責任分担圏内には干渉されません。


霊界は、想像を超える宇宙規模の広く深く複雑で無限ならばそれに相対できる人間はいないと思います。霊界からのメッセージとして送られてくる内容はその人の霊界

です。

私達も1日1日、神様のメッセージを自然からのメッセージを、先祖からのメッセージ、環境からのメッセージを受けています。自然はたくさん気をもらえますが人間はいろいろです。

だからこそ人間には神様を知ることそして生活の中で実践することが大切ですね。

私は霊界からのメッセージよりも亨進様のメッセージがとても役立ちます。

ヨガ!

亨進様はヨガは、あまりよくないスピリットを導いてくるようなお話があります。が、私は訳あって今日もヨガクラスに行ってきました。

今日は免疫系に効くヨガでした。

ブラジル柔術も関心がないわけではありません。

自然療法には関心があります。

少しずつあせらず無理せず

天一国に向けて頑張ります。

地球という星の聖殿

聖地を訪ねて精誠を捧げなければなりません。イスラエル民族は、エルサレムの聖殿を失いましたが、それが聖殿になるのではなく、この地球が聖殿にならなければなりません。この地球という星が聖殿にならなければならないのです。この地が聖殿になれない時は、この地にすがって皆さんが涙をながさなければなりません。聖殿の実体基盤に代わる聖地にたいして、涙を流し得る因縁を備えてこそ、皆さんがこの地の主人になれるのです。(1963.6.20)

私たち祝福家庭の願いは真のご家庭と因縁を結べる事が誇りであり栄光であるわけです。謙遜にいう人も結局はそうです。なぜ教会の教えに従順になろうとするのか?

幹部という方々も真の子女様と結んだ因縁を絶対絶命としてそこを離れること自体が自分の存在価値をことごとく否定されていると思うから自分がそういう信念で生きている自分が、自分が。

地上の席は数が限られているわけです。

一度座ったものは絶対何があっても嵐に吹かれても蹴飛ばされても寒さに震えながらも譲ることはありません。どんな小さな席でも一度座ったら皆そうです。

しかし私はつい最近、席を譲る人を知りました。

自己をすてて家族のために、家計のために病気がちな妻の為に、子供のために、皆がなんと言おうとも家族はその人を感謝し、神様もその人の判断に祝福を与えることでしょう。最も身近で大切なもののために自分を犠牲にしているのですから。

世界のために生きる、口で言うほど簡単ではありません。人の為に生きる、これもかんたんではありません。結局家族のために生きないものはより大きなもののために生きているとは口ばかりで儚い夢物語の自己満足に過ぎないわけです。結局は…。そんなわけで、私の心はとても感謝です。そしてより真実に生きる事の素晴らしさとは何なのかと悟らされているところです。