lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

2001.9.11

9.11(ナインイレブン)

この日の三日前

飛行機で日本からアメリカのローガンエアポートに到着しました。

無事到着したことと

新しい土地での出発の為の祈りを捧げました


その中で与えられた内容は今でもはっきり鮮明に覚えています。


それから三日後…


テレビやラジオで見聞きして、

たくさんの方が亡くなられたと知りました。

今でも体に悪いホコリや煙を

吸い込んで病気で苦しみ亡くなるかたもいます。


あれから十五年がたちます。


いろいろ闇の世界、あやつられた世界、陰謀論もありますが真実はどうでしょうか?そういうものは、ただ人を怖がらせ不安にして喜んでいるのでしょうか?本当に心配しているのでしょうか?


アメリカは、アフガニスタンの対テロ戦争から始まり

今も戦争中の国です。


何日かまえも銃の事件がありました。すぐ近くで…


サイコパスによる犯罪もありました。すぐ近くで…


みんなが暗くなるのでマスコミもそういう事件には深入りしての報道は避けているようです。


子供にもPepperスプレーを買い持たせています。


自分のことは自分で守らないと。


強い国づくり、

強い国民づくり

酒やタバコやクスリに頼らず


神様のみ言とメシヤの祝福による恩恵による強さ。


そこしかないです。


恨みが恨みを産みます。

戦いの中で生まれ育った子ども達。

テロ国の子どもたちのニュースを見ていたら、人を殺すことで天国に行くと教えられています。

この時代…


サンクチュアリ教会で

亨進様による

生まれてこれなかった闇の中に葬られた者たち…

生まれてきて死んでいった子どもたち…声もなく、力もなく、…

そんな子どもたちの解怨をして下さいますね。


サタンの犠牲になった命に深く哀悼の祈りを捧げます。

言霊

霊界があるという事実を知る人たちは、一生はちょっとの間であり、死んだのちに我々が迎えるべき世界が永遠だということを知っています。ゆえに、一生は、永遠の世界のために準備する期間と思って、準備する一生を送るのです。(1986.2.9)


「死」という単語を使った目的は、人生の意味を知るためです。では、人生の価値は誰がよくしっているのでしょうか。生きようとする人は分かりません。死の境地に入って、生死の岐路で、天にしがみついて人生の価値を打診してみたひとでなければわからないのです。(1974.12.31)


人の一生は、蘇生、長生、完成の三段階を経ます。

腹中の水の世界、

地上の地球星世界、

天上の空中世界で暮らします。

言い換えれば、母親の腹中の水の時代、地上に生まれて生きる百年の地の時代、

飛んでいく空中の霊界時代、このようにさん時代を経ます。(1982.1.1)


天国を開く門

真の家庭より


人生の中でとてつもない悲しみ哀しみに出会った時大事なものを亡くした時…そんな時はどのようにして乗り切りますか?

ナイアガラの滝を間近で見て、船で近くまで行った時、あの衝撃的な自然の前に自分は、なんと小さなものか…

自然は一番の神の治療法だと思います。

海によく釣りに行きますが波の音はとても体にも心にもいいです。

音で火を消す時代になったとTVでみました。

言葉も良い言葉、感謝の言葉、愛ある言葉、善なる言葉もちろん神様の言葉、そんな言霊たちからたくさんのパワーをもらえます。


『霊界という所は、「愛の空気で充満した所」という概念を探すことができます。

霊界では愛の食べ物を食べます。互いに見るのも、愛の目で見るのです。神秘さが形容できないところです。霊界とは、愛の電気で充満したところです。

夢で私に会う現象は、神様の愛の波長を通じて現れるのです。

真空状態…

共鳴圏…

黄金…』


今日も一日読んでくださった方に

愛の言霊が沢山降り注がれますように

お祈り致します。

神山元会長のメッセージの感想

神山元会長のメッセージを見ました。膵臓癌の末期ということです。その姿には心が痛い思いもします。モルヒネとステロイドで疼痛を緩和されながら…あまり長くは効かないということです。

神様のお父様の痛みでしょうか…


お父様が顕進様に期待し願われた事は大変大きなものだったと思います。


しかしあまりにも顕進様を守り保護し後継者として育てた周りの方々は神様にお父様に祝福された姿だったのでしょうか?


天使長から育てられ守られている…

何かしら周りは顕進様を知っていても、末端には伝わらない人間味、ベールに包まれた世界。カリスマ…。

神山元会長も誰が後継者としてふさわしいかご子女様一人一人の心の世界を尋ねてみました。顕進様でした。と語られています。


しかしお父様は後継者そして三大王権を末の息子である 亨進様に王冠を授けられました。


三度の戴冠式の時

人々は何を考えていたのでしょうか?


幹部達は、

自分が摂理を進めてきた。

中心人物は私だ。

教会の中で発言力もありお父様の信頼も大きい。


もし謙虚であれば

そのまま見たままを受け入れるのではないでしょうか。


自分の心に問いかけて

誰が後継者にふさわしいか…


お父様の決断とは全く違う道を歩んでおられます


祈祷とみ言と良心で…

そう語られていますが

こんな小さな私でも間違っていると思います。


先輩祝福家庭の兄弟姉妹の皆様そして兄弟姉妹の皆様


皆様の一言一言に従い信仰生活をし、人生をかけた小さき者たちのことも考えていただきたいです。


自分たちの考えやインスピレーションでお父様がおっしゃった、

み言はこうです。と人を扇動せずにまずは自分がそのように歩んでいってください。


今の時代の混乱はどこから手を付けていいものか世界中が悲惨です。

国のリーダーたちと教会のリーダーたちの違いを見つけるのが難しいです。みんな自国自己中心です。


正しく伝えることのできなかった伝統、責任を持った者達。

自らが自らに裁かれるのでしょうか…



神山元会長の平安をお祈りいたします。