lilacのブログ

サンクチュアリ教会との出会いで今までの偏り複雑な思考回路をシンプルにする為のブログです。

アメリカの高校生たちのデモで感じたことです。

アメリカの高校生が銃規制の為に立ち上がっています。


純粋な若者の、同世代が、銃で命を落としていく、姿を目の当たりにしたから…

大人たちも多いに賛成。


若い血が叫んでいます。


政府に対して、大統領に対して、何故、銃コントロールをしないのか!訴えています。


あまりにも悲惨な出来事を目の当たりにして……


しかし、テロリストたちは、銃の訓練をしてないでしょうか?銃を確保してないでしょうか?


いずれ、銃を持つものが銃を持たないものを力でコントロールする…時が来た時、健全な国民が銃を持たない事がどれほど残念なことかと思うのです。


精神の不安定な人、麻薬アルコール依存症、すぐにカーッとして大使館に爆破予告…(これは韓国のニュースでした…)


スクリーン検査することは大事です。しないで売ることが問題です。

利益のみに重点を置く……


何年か前にあった銃事件コネティカット州で起きた、エレメンタリースクールでの銃事件も犯人は二十代前半でした。


高校生の子どもたちにも学校では銃規制について考えさせています。

幾つかの銃事件の例がありました。


アメリカで韓国系の女性店主が万引きした黒人の子供の背後に向けて銃を撃った事件もあったと、学校では教えられたそうです。


銃を持つ人の思想哲学は?人種差別主義者では?

アルコール依存症で、飲むと見境がつかなくなる。

テロリストたちには持ってほしくないですよ、


若い純粋な十代の子どもたちが叫んでいます。


それに対して誰か答えを出せますか?


若者の痛みは、銃を持つ者たちへ嫌悪感むき出しです。


それでも銃は必要だとそんな若者にどのように話せますか?


痛みを理解し、より強い神の真の愛で、嫌悪感を燃やせる人がアメリカに一人二人立ち上がるのか?

それとも痛みを傷を抱えた若者をそのままにしておくのか?


犠牲になった高校生の子どもたち…そしてそこで友を無くし、恩師をなくした、残された子どもたち……


祝福家庭は、世の光に地の塩になっているのか?


考えさせられます。

読んでて疲れますか?

サンクチュアリのブログサイトから引っ越しになるかも〜


わたしのブログ〜

読んでいて疲れますか?


身体も限界ぎりぎりで生きているので、その波動が伝わるのかな?



私はブログを書くことによって、自分自身を見つめ直させていただいていますよ。


毎日毎日自分の身体の限界を見せられます…が、心はとても喜びです。



自然の風景に感動するように、人の一挙手一投足の歩みから、感動したり、腹も立ったりしますよ。


倒れて死ぬまで、死んでも何が真実か?真の愛か?

探し求める限り結論は出せないかも…


結論を出して歩む人どんな人なのか?


どんな環境に入っても変わらない絶対的な生き方…そんな人が出す結論…


お父様の歩みは終始一貫

はじめも終わりも神様の為に、人類の為に、たくさんの人たちに影響を与えてくださいました。


みんな知ってる事は、省いて、私の思うことをブログには書ていますよ、


世の中を見る私も、疲れます。

教会の今の姿を見ても疲れます。


何が原因で、その原因に対して対処しないと、あちらこちらがガタガタと、病気になる。


病気の症状に対して慌てて対処する


原因は深く深く隠れる…


そうしているうちに病巣は広がる…


原因は深く深く隠れる…

決して出てこない…探すこともできない…今の医学では…今の学問では…今の体制では…


疲れます…みんな疲れませんか?


疲れている私がいるから人を見てもつかれるのでは?


誰のせいでもない…


疲れる人は、教会の方々ならば訓読会。

神のみ言を読んだりするのをおすすめです。


類は類を呼ぶ…

集まります。


集団意識に乗って力を得て相手を攻撃してくる。

反韓、反日

一人では何にもできないのに何人か集まると強くでる。


集団という意識は、善にも行くし、悪にも行く。


一人では何にもできない……


サンクチュアリへつながり、お父様、イエス様、神様への、信仰を確認させて頂いております。


それが何よりも感謝なることです。


ブログを書くことは自分を見つめ直し、死に行く自分をみつめながらどうすることもできない!人間はいつかは、死を迎える…

それが、生かされて、働くこともできる。


イライラしたりカッカッカッカツしたり

誰かが気に入らなかったり、さばきだして止まらない。


いじめられても差別されても昔はとても敏感に気を張っていたのが、年も取り、断食生活を通して、

ま〜るくなるのでございます。


怒りもなくなり、欲もなくなる……

般若心経の世界〜


以前、献身時代、長くなれば何をしているのか?ぶち当たる時もありました。

それでも、そこから抜け出すことは、神のまもりから外れてしまう!思い込みの信仰観だったのかな〜とか思います。


サンクチュアリとの出会いは私にそんな思考回路を原点に戻してくれたようです。


もう一つあるコメントを頂いて考えたことがあります。

強気で大言を言う前に、具体的にどのように行動していくのか?

シックは夢も大きく強気で大言を宣言する方もいます。できるのか?できないのか?できなかったら知らん顔?知らん顔はできません。2018年にアメリカのある州に銃所持の為の法律改正案、どのようにしたらよいか?

具体的にその方法はあるのか?

人任せにしないで考えているのか?

二代王様がいるから大丈夫!運勢があるから大丈夫!

たくさんの事業団体もお父様を中心に発展しました。


相続するはずの方には受け継がれず独り歩きしています。なぜそうなったのか?


作ったものの管理ができない?


言うことは易しく為すことは難しいのであります。現実は…


生きている限り行かされている限り、お父様のみ言葉を持ってこの世の中で完成させる。

一つのみ言の完成でもたいしたものでしょう。

きっと…


そんなこと思っています。


遅くなりました。


真の神の日おめでとうございます。


ライラックのブログに関心を持って下さりありがとうございます。

コメントもありがとうございます。

ブログ村は自由に言論の交流を楽しむ

統一教会シックで、かつてのアベルからして、いろんな方々と出会わせていただいて思い出したことがあります。


特に知的な人たちは、み言を、頭で捉えて、お父様が言われた!事が重要!

直接聞けない時は、間接的に降りてくる指示事項、大抵は献金…の為のみ言、


アベルと言う絶対的位置、父母の代身者。


しかし…韓国語で日本語に訳されてないみ言あるのでございます。ボソボソと語られたこと…


だから通訳者というのはとても重要だったのですよね。


でもそろそろ韓国語を勉強したら、良いかも。


私も以前言われたことがあります。

思い込みだとか、考えすぎだとか、誰がそんなこと言ったの!と…


神様は良心を通して語りかけてこられるはずではないですか…


中心者が霊的現象に重きをおいて、信仰指導したらどうなるか?

知的な人

情的な人

行動的な人

それぞれの信仰のお助けもあるのではないかと思います。


何に憑かれて、かつての旧約時代新約時代の偉〜い先生方方に、なってる人もいたりして…


何故、組織、ねばならない!人に要求する前にはたして己はどうなのか?


祝福先輩家庭と威張りたかったら韓国語ぐらい勉強してみろ…


見ろ見ろ!とか、傲慢には言えませんが…


お父様はメシヤの前に一人の人間でもあり、夫であり、父親でもあるわけです。


違う!


神様の目から見たらそれは違う!


という方もいらっしゃることでしょう。


ご子女様方のことを思うとこの頃…気分が滅入ります。


教会でアジユー!と祈祷の最後にアーメンとしてアジユーということになった時


はじめに思い出したのは、孝進ニムがよく使われていた言葉…アジュー!とても!

という意味でしょうか、お父様は、このアジューの言葉の中にどんな思いを託されたのか…考えた時もありました。


統一教会は、良くも悪くも

新興宗教として、発展した現代でも類を見ない宗教団体です。知ってる人は知ってます。


世の中の人たちは見てます。じ〜っと〜



キリスト教徒であった、うちの夫は、家庭の反対、キリスト教会の反対 、原理講論は英語版で読むと言う中で過ごしました。


神様が、働かれている

そう信じて、導かれて、頑張った方々もいます。


長く蜘蛛の糸につかまって離れない!

そんな天然記念物のような素晴らしい信仰者もいらっしゃいます。


しかし、日本、韓国、アメリカを渡り歩く中…

人種のるつぼであるアメリカまで来ました。

三カ国を振り返り思うことは…

教会の中に国境線があり、それぞれの信仰観が違うと感じられます。


宗教を求める人の動機は様々ではないでしょうか?

慈善団体、政治家たちの人脈、精神的に病んでいてカウンセリングが必要、…

他にも、宗教と出会う動機は様々あろうかと思われます。

個人的な次元から、国家的次元まで、宗教を良くも悪くも利用する人は利用するわけです。


神様を愛し隣人を愛する道の長く険しい道のり、いろんなことがあります。


天一国、この国は、まずは、お父様をメシヤと受け入れたものそれも、心の底から、何かしら自己の欲望の為ではない、


そんな方々は、かつて、お父様とともに歩まれた、先輩家庭の中にはたくさんいたことでしょう。


私など直接お会いする機会もあまりにも少ないです。

お父様と出会った中でも

いい人もいれば、悪い人もいたのです。


いい人にはお父様は、良き思い出をたくさん残してくださったことでしょう。




悪い人は自己を中心としてお父様について行き、

良き人たちは、死を越えて信仰を貫かれた方もいらっしゃると思います。


宗教的儀式の前には、何かと霊界を意識しすぎてしまわれる方もいます。

なんとでも結びつけて解釈もできます。


条件付きの祝福、完璧ではない祝福、必死で生きて全て捧げても、足りないと言われる祝福…

謙虚に謙遜に、涙を持って望んで足りないと、申し訳ないとおもってあたりまえ…


数を勝利するためにあのてこと手、どんな方法も試してみる…


そうして発展して来たわけです。


ほとんどの献金は日本人シックが…

どこの国でも頑張ったのは日本人シック…


韓国でも頑張った日本人シック…


ある二世を思い出します。

私の名前と同じ名前だった彼女のお母さんが亡くなり…新しいお母さんを、迎えたようです。


なぜかその話を聞いてこころがチクリと痛みました。


祝福は、一回!ではなく、それも再婚もあるのか…


16万日本人女性修練会の途中で、再祝福どちらか一方が他界された方を持つ者同士、お父様が祝福を与えられていました。


慰安?祝福だったかと記憶しています。


そんなこともあるのか…


喜んで受けておられたことを覚えています。


二世のお父さんもそのような形で新しい婦人を迎えられていたようです。


母の違う妹、弟、を持つ中で、オンマーと同じ名前の私を、なつかしく何とも言えない優しい眼差しで見つめていた二世を、ふと思い出しました。


王様はペンシルバニア州にたくさんのシックが来てほしいと思われていると書くと、公文で流れましたか?聞いたことありません!

ブログ村です。

教会サイトの交流の場だけではありません。


自由にブログを書く、ブログ村は自由に言論の交流を楽しむ。のではないかと思います。


信じるもよし、

信じないもよし。


深刻で日本沈没、韓半島戦争勃発…心臓が苦しくなる話も山ほどどこにでも転がっています。


恐ろし屋になって怖がらせて神仏にすがらせる?


私がこの年になっても未だに理解に苦しむことがあります。


年代の違いなのか?

家の、日本の実家は、神仏にそしてご父母様に、朝一番のお茶とご飯をお供えします。

じいちゃんばあちゃんのいた頃もそうでした。


神仏からご父母様にお供えすることもしぶしぶ目をつぶったじいちゃんばあちゃん…


それでも、なぜ?


戦後、そして長崎の原爆、水のありがたさ、貴重さを感じてか?

米作りもしているので、

米の豊作の為か?


なんとなくはわかるのですが…

毎日毎日欠かさず続ける…

365日…


このことはまたの機会にも少し深く洞察して見ようと思います。


人は顔も違うように心の中も同じではなく、神様への視点も人それぞれなのではないかと思います。


みんな一緒!


ではありません。


お父様から教えられたこともお父様を通して解決できたことも、人それぞれだと思います。


そしてこれからも、生きている、生かされている限り、人生を神様と共に歩むわけです。


今度こそ正直に、何事も人任せではなく、お父様の歩まれたみ後を追っていくのです。


なぜ?という問いかけも必要だし、神様とお父様そして私だけの約束もあろうかと思います。


殺人者も祝福されたお父様…


許しの限りを尽くされました。


二代目王様の時は、許しは後免ですね。


自由と責任で歩める者。


とてもシンプルです。そしてイエスかノーです。


責任。

準備なきものは謙虚に謙遜になって、己を知るべきです。


いつか勝利した『わたし』を信じて神様が祝福してくださった!


責任と自由はそんな甘くはありません。


私をよく知るべきではないかと思うのです。


蕩減時代の信仰観

新しい時代に合わせて行くことも大切かと思います。


神様の導きと、ご加護がありますようにお祈りします。