lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

韓国人は福を逃したと思います

真の家庭を取り巻く祝福家庭の人間模様…ドラマみたいです。

キリスト教の歴史は2000年、

イエス・キリストへの信仰が続いている。

すごいことだと思います。


その間、いろんな宗派が生まれ、途絶え、栄、迫害され、今も宣教活動は続いている。

では、真の家庭は、これから未来どうなると思いますか?

お父様をメシヤと信じるか、それとも飯屋と信じるか?

信じるところに流されると………見ます。


家庭連合の、霊界は?チョンピョン?

霊界を主管できず、反対に主管されてビクビク生きている……

リーダーシップを取りたい二世たちはだんだん分裂していく……

家庭連合も問題抱えています。


私のシオモニは、息子がクリスチャンとして教会に行ってくれてると涙を流して喜んでいます。


シオモニの心の中の痛みは、和らぎ解放されているようです。

全てにおいて時がある…親子関係が、宗教によって痛みを受け与え、兄弟姉妹が何十年も和解できない壁を作り、双子の弟とは、7年もの間一言も話をしなかった。

キリスト教と、統一教会

宗教の壁が家族と夫を長い間引き裂いていました。

簡単ではありません。


クリスチャンと、祝福家庭

本物のクリスチャンは?

本物の祝福家庭は?


この頃そんな事を考えますよ……


キリスト教会の、礼拝に参加して……

イエス様と、お父様の歩みが、重なりますよ。

ホントにホント。


たとえ今はお父様が存在が薄くとも、弟子たちが飯のために跡をついて来たとしてもイエス様の弟子たちも似ていた気がします。

イエス様を2000年信仰してきたクリスチャン

簡単ではなかった信仰の道だったろうと思います。


今はイエス様のたくさんの弟子たちが2000年前に、タイムトラベルしながら礼拝しているわけです。

会ったこともない、見たこともない、イエス様、イエス様の弟子たち、これは神業です。


お父様が、韓国で生まれ、韓国語を話され、韓国こそ、神の祖国、お父様を受け入れてなかった韓国、

韓国人は福を逃したと思います。

韓国人のクリスチャンは、私が見ても、素晴らしい信仰者も、います。

お父様の天一国はすぐできていただろうとも思います。

私もびっくりするくらい信仰者たちもいます。

悔い改めさせられます………。


お金がみ言よりも大切である

お金がなかったら天一国も作れない

神様の為に頑張る!

この思考回路は、不信仰の始まりでした。


神様を信じる。まずは神の言葉があった……

訓読会大切ですね。


キリスト教会の礼拝、勉強になります。


イエス様と、お父様…同じです。

牧師がイエス様のこと話しているとお父様の路程が浮かびます。

神の国を作ろうと霊的闘いをしてこられたお父様を思い出します。

お父様の生前ともに歩んだ大先輩家庭、

聖書を勉強した方、聖書も知らなかった方、いろんな方が、お父様の弟子になりました。

韓国キリスト教がお父様を受け入れていたら………

蕩減路程を歩まれたお父様の路程は、長すぎました。


恩讐サタンを愛することができない神様の、心情を一つ一つとりなす事を誰が考えることができるでしょうか?


関わりたくもない恩讐です。魔鬼です。

去れ!去れ!激しく毛嫌いし、身震いするでしょう。


そんな恩讐を愛すると言う霊的闘いを見せてくださったお父様は、やっぱりイエス様に似ていると思うのです。


祝福家庭は、たくさんの訓練を受けたと思います。

自信を持って人生を歩まれますように。

天一国は誰が作るのでしょうか?

夫婦円満に、世のため人の為に頑張りましょう〜ね。

考えて進む、思想と信仰、丸呑みしたら消化不良

キリスト教会の、高校生達のボランティア活動に行ってきた子供さんの疑問です。


心の中に溜め込んで、ため息ばかりが出るより、涙を流しながらなぜ?教会はこんなふうになったのか?


抱え込むには重すぎるか……


悪魔教会が、あることも知らず、

この世は住みやすくいい人ばかりがいる。

この世は住みにくく悪い人ばかりである。

なぜ?武装するのか?

まだ難しすぎる。

天の父母様と祈ったときから

家庭連合の教理に疑問を持った子供さん


ちいさい頃、バイブルを読むのが好きで、教会のサンデェーサービス、質問をたくさんしたら………

シャラップ!!!

先生に言われてショックを受けたり

あきらかにサンクチュアリという理由で差別を受けたり、

教会の大人たち嫌いになる理由ありね。

同情もするけど強くたくましく頑張っています。


神様はどこにいるのか?コミュニティーは、子供さんにとって痛みもあるところ。


今回のキリスト教会ボランティア活動を通して、たくさんの恩恵を頂いたようです。

祈祷会もお互いの為に祈り合う、クリスチャンのスピリッツに、聖霊の感動でしょう。


いろんな疑問質問に対して

答えを探す為に頑張って悩みながら、かと言って深刻に複雑にならずシンプルに考えていったらどうかと話しました。


神様を探すどころか、祈っていると、裁判の為に祈らなくてはならない…同じ思想宗教なのに…複雑すぎる

子供に話したらますます嫌!になるよね。

それでも、親が祝福受けて奴隷のようについてきた宗教はもはやどこから手を………付けられない、全身…癌…状態に、見えるようです。

こんな教会に誰がしたんだ……!!

心が、痛みます。


為に生き、支え合い、話し合える信仰の友を持っ人は、そこが天国と、感じますよね。真の家庭は遠いがコミュニティーは近いですか?


祝福の子供達とお父様をつなぐのはなんでしょうか?

親子の関係が子供の信仰を、左右すると思います。



私は30年以上この道どの道歩んでいます。

祝福を受けたときメシヤとの約束がありますから、約束を守るために、統一家のために犠牲になる、命をかける、真の家庭を守る、こんなふうな思考回路へと向かいます。

誓ったからには約束守らないと嘘つきになりますね。

守れないから慢性ストレス病気になって、悟らされるのか?


宗教の深入りは危険?


宗教で悟りを開いたという人に一度はあってみたい、願わくば私もそんな人になってみたい

この世は住みにくいが宗教は私を天国へ連れて行くと言う、言うからには道がある事だろう…ついていくか…

深く遠くまで来たら帰れません。

あとは進むだけです。


でも…子供さんはキリスト教会が良いといいます。

今の教会全体のゴタゴタゴタで、心代わりをしたかな?


子供さんは、神様を探すそうです。

原理講論は、聖書と違うそうです。

比較していくこともいいでしょう。


純潔を守る考えはとても感動するけれども、今の教会は、あまり希望がないようです。


正直に話してくれて感謝です。

私も言いました。

オンマーも、神様わからないときもあるよ。

サンクチュアリも、難しいときもあるよ。


夫はリスペクトしています、が、やはりクリスチャンの信仰が今は平安だそうです。


子ども達の信仰は、家庭で育むとものだと思います。

聖書と祈りの生活で、心の平穏を保つ生活もいいでしょう。



この世は悪魔だらけでなんとも住みにくい世の中だ、

銃で、武装しなければやられてしまう。思考回路。

子どもたちはどうかと思う。

神様を信じて、世の中も捨てたもんではない、まだまだいい人もいるよ。

この世の為に生きる。この世が、自分のために生きてくれないから自己防衛で銃を持つ?


考えて進む思想と信仰、丸呑みしたら消化不良…


子供さんと色々話して私も考えました。多分これからも考えるでしょう。

私は何かと世の中は、住みにくいところだと、悪人もたくさんいる

夫や子供はこの世も住みやすくいい人もたくさんいる

それぞれが思想と宗教の根底がちょっと違うかな?

天国と地獄、私の心の中から出発していくのですよね…

私より正直者の、夫と子供さんだと思います。


自分に嘘ついたら心が、疲れます。

わからない時は立ち止まり、考えてみることも大切ですよね。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

ハルちゃんのコンサルティング

ダルメシアンのハルちゃん

犬の学校の校長先生から犬のコンサルティングを受けました。

一時間……100ドル………

トラック、他の犬、家の前を走るランナー、散歩する人たち、吠えて飛びかかろうとする癖が治りません。

いろいろお話を聞きました。

犬の校長先生は、ハルちゃんは頭の良い犬なので訓練すると良くなりそうです。

散歩のマナーも、学ぶ予定です。

宿題も出ました。

子育ての次は犬の訓練です。


ハルちゃん、コンサルティングが、終わって、ぐった〜りしています。


夫が、呟いていました。

子供よりお金がかかる………と………。


アメリカの人間社会で、生きるダルメシアンのハルちゃん。近所のみんなに愛されるように頑張っていきます。コンサルティングで学んだことを、家族で話し合いハルちゃんのトレーニング頑張っていこうとおもいます。