lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

じいちゃんの命日

私のじいちゃんの命日が近づいてきました。

働き者でした。

とにかくパンとかまんじゅう、餅を作るのが天才的でした。

あの味を受け継いだ者は一人もいません。あんなに甘いもの好きのじいちゃんの子ども達も残念なことに誰も料理の味覚のDNAは、受け継がなかったようです。

どの店を探してもあのじいちゃんの味のパンやまんじゅうそして餅、にあったことはありません。

アメリカにあるTRADER Joe’s のアイリッシュブレッドが「オッ!」と思う味の年がありました。が次の年からまた味は変わります。毎年味見してますがあの味に近いものはありません。

じいちゃんは、よく近所親戚に自転車で作りたてのものを配達していました。

みんなが喜んでくれるのが楽しみの一つでした。

蕎麦も自分で作ります。できないものがないです。

死ぬまで丈夫な時は洗濯も自分のものは自分でしていました。

生きていたら100歳をとうに超えています。

亡くなってから何年か後に夢を見ました!

「お金はあるか?大丈夫か?」

と、じいちゃんばあちゃんがゆめにでてきました。


(18才から家を出た私は、自分のしたいことして何年も帰らない時もあり申し訳ない者です。)


ちょうど金欠病の貧乏神に取り憑かれていたので夢の中で心配してくれるじいちゃんばあちゃんにはありがたく力をもらった夢でした。

その後妹から連絡がありました。

「久しぶりにじいちゃんばあちゃんの夢ば見たよ」

「私も見たよ」

「じいちゃんばあちゃんがアメリカまで行って帰りのわからんて夢の中でいわしたよ。」

「私の夢にこらしたもんね。」

要するに私の夢に出てきて

妹の夢にも出てきたと言う会話です。

霊界に行っても孫娘が心配な様です。

ありがたいご先祖様。

流れ星

流れ星を見ました。

明日はゴミ出しの日なので夜の間に準備してました。

朝もまた4時起き、

チラッと夜空を見たら右の方から斜めにスーッと空に線を描くような流れ星でした。

わくわくしますね。ウキウキしますね。

生きていることに感謝ですね。

特別な神様のプレゼントをもらった気分です。

私だけではもったいないので、

読んでくださった方にも神様のプレゼントが届きますようにお祈りしてます。

浮き草のような人たち…

韓国語の礼拝を拝聴しました。

頭の中がシンプルに整理されるようです。

お父様をメシヤと信じる者とお父様をメシヤと信じない者、まずここからですね。


何日か前に家庭連合の方々とお話をしました。天の父母様と祈られます。

素晴らしい方々です。しかし可哀想な方々です。

まるで韓半島の現状と同じにみえます。

かつては同じ兄弟姉妹が今は越えることのできない38度線を前に分断されています。

神とサタンとの一線です。

お父様を愛する 亨進様、お父様を憎み消し去ろうとする家庭連合の方々。

兄弟姉妹のつながりだけで満足している方々。

そこにはもうお父様を愛する姿も見当たりませんでした。

現実を見ようともしない。怖いのでしょう。

認めたくない。

歴史もこうして歪められ自国に益になるように語り継がれたのでしょうね。

子供に先祖の悪事をはっきり正しく教えたくないものです。

良いとこばかり、素晴らしい先祖だった。そんな先祖を持つ子孫だと。

真実を知らない後孫たち…時間がたっても決して一つとなれません。

誰かが打たれて悲しむ姿で気付かされるのでしょうか…

そうしてくる人は浮き草のような者でしょう。


それでもはやく気づく一瞬間が来ることをお祈りしています。