lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

月を見ながら…

海外生活も長くなりました。

帰ろうと思ってもなかなか帰れないものですね。


旅立つ私達に

月を見ながら父がぽつりぽつりとはなしました。


「月ば見るときお前たちのことば思い出すね。どこにおっても、お父さんお母さんも見た月だ…

そがんおもって、頑張れよ」


父も八十近くになりました。

今もアルバイトにいってます。

退職金も献金しました。


公務員をしていた時

役場の方に

反対派が電話してきて

「税金で給料もらう公務員が統一教会とはけしからん…」


「はい。私です。」


電話をとったのが父でした。


そんなこともありました。

7日断食もしました。

マスコミや周囲の反対中傷もありました。


子供を信じてくれました。


私が見放したらどうなるのか!そうおもったのでしょう。


父は子供を愛すること信じることその手本を見せてくれてます。


神様に感謝するかぎりです。


月を見ると日本の田舎にすむ

両親の事が思い出されます。


亡くなった

じいちゃんばあちゃん。


田舎にいる

お父さんお母さん。


私の神観の原点はこの方たちでしょう。


亨進様国進様は

お父様を愛し守り

消え行くお父様の香りを追いかけてメイン州の海にまで行かれました。

波の音にお父様を感じられ

信俊君に釣り好きのお父様の姿を発見されたり…


神とは…罪とは…メシアとは…

難しい原理用語で暗示にかかり

たくはありません。


シンプルに信じます。

そして感謝します。


亨進様ありがとうございます。

偽善者…

信仰生活が砂漠を彷徨うことがあります。喉が渇き、疲れて歩めない。偽善者が…あそこにもここにも…鏡の法則ではもっとも私が偽善者なのですが。

そんな時はクリスチャンソング。

亨進様の礼拝は沢山のうたをうたわれます。

涙で心を洗い流し

声を出して神様を讃美し

命の尊さ。

生きています。

ありがとうございます。

闇は消え去り…

太陽の光が差し込む…

たまに断食して空腹を感じるから食物にも感謝です。

鳥のさえずり

雨上がりの樹木のかおり。


感謝です。

沈没船…

教会は船だ!会社は船だ!

沈むときは共に沈む!

それを聞いた時

困るという気がしました。


若い世代にバトンを渡す時ではないかと。


やはり、位置を去る時がきたのではないでしょうか?

なぜできないのでしょうか?

責任者に去ってほしくない方々のためにでしょうか?

いままでみ旨の為に天に積まれた宝があります。

食べるには困らないそれ以上の神様の導きがあるとおもいます。


聖書を引用します。伝道の書


伝道の書と般若心経が似ていると思いながらよんでみました。

面白くてだいだい目を通してみました。

時間にしてみるとどれくらいかけてまとめられたのでしょうか?

気の遠くなるほど長い時間を感じます…

バトンを渡したらいいという私の思いも時間の流れからしたらなんてこともない事のようにおもいます。


働かざる者食うべからず

健全な身体は健全な身体に宿る

戦後はこうして国の復興のために誰もが働き五体満足丈夫な体に感謝していたのですね。

今も昔も働きたくても働けない人

体、心、病気をもつひとに対する姿勢はどうでしょうか?

差別はなくなったでしょうか?

実績無いものは食うべからず?

病気で苦しんでいる人はチョンピョンに献金もっていくこと?

自分が無い前に定められた病気を先祖のせいにしなくてはいけないそういうふうにした周りの環境…隠さなくては差別される恐怖…なぜ?人の目?病気に対する無知?

天一国はどんな国でしょうか?まだ行ったことも見たこともないけど…

一人一人の命を大切に出来る国造りをしたいものです。汗水流して畑を耕し自然に合わせて時間を過ごす。それもいいですね。森羅万象同じものは何一つなくてもそこには調和があり美しく障害を持つ人も差別なく生きれる。誰かが悪かったからこうなった…それは

無知からは死が生まれまるようなものでしょう。健康に生まれたのに自殺者も多いです。戦後何もない時代は皆必死だったのでしょう。人の事に目を向ける余裕もなかったのでしょう。豊かになっても心が変わらない限りずっとおなじようです。世の権力者と教会幹部は違いを見つけるのがむずかしくなりました。

責任転換の癖は堕落性本姓


できない時は出来ません

お金の借り入れ書にサインしなさいと命令されても返せません。


教会長は自分の両親より年配の婦人食口を怒鳴りつける。金を出せ!!隣でサモニムが信仰のない人に言ってもわからない。教会長もサモニムも…かわいそうに…何故、人を傷つけても神様を語れるのか?そんな家庭から子供は何をみて育つのか?

着任したばかりなのに

関係も十分築かれもしていないのに…?

神の名の下の責任転換された暴力でしょう。

その婦人は親戚からも真のご父母様の写真を踏み絵したら子供の結婚を許すと言われ絶対に踏まなかったかたです。


戦争も繰り返し忘れた頃また起きる戦争経験者、被爆二世の方、語り継がれても博物館にして残しても、それでもまた歴史は繰り返されようとしています。


神様の摂理としてお金を集め人を集めますがサタンも理念のためにお金を集め人を集めます。目的方向性は同じでしょうか?家庭連合は目的も方向もちがいをみつけるのがむずかしいです。この世の法で裁かれなくてはならなくなりました。


時を読むことはむずかしいことでしょう。伝道の書で言う時は正反対、極と極のたとえがあります。神のなされる事は皆その時にかなって美しい…

神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた…

それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終わりまで見きわめることはできない。


教会も世界も私が生きている時にすべてを見定めることはできないでしょう。でも神様は私の心にも永遠を思うおもいをさずけられました。

元気を出してがんばりましょう。