lilacのブログ

宗教、アメリカ生活、私の病気、子育て、ペットの事など書いていこうと思います。

ひとりで聖書研究会

ユダの手紙


『主は、

自分たちの地位を守ろうとはせず、

そのおるべき所を捨て去った御使いたちを、

大いなる日のさばきのために、

永久にしばりつけたまま、

暗やみの中に閉じ込めておかれた


エノクの預言

「見よ、

主は無数の聖徒たちを率いてこられた。

それは、

すべての者にさばきを行うためであり、

また、

不信心な者が、

信仰を無視して犯したすべての不信心なしわざと、

さらに、

不信心な罪人が主にそむいて語ったすべての暴言とを責めるためである」


主イエスキリストの使徒たちが予告した言葉

「終わりの時に、

あざける者たちがあらわれて、

自分の不信心な欲のままに生活するであろう。」

彼らは分派をつくる者、

肉に属する者、

御霊を持たない者たちである。』



ヨハネの第一の手紙

『神は光であって、

神には少しの暗いところもない。』



ヤコブの手紙

『誘惑にあう場合、

「この誘惑は、

神からきたものだ」と言ってはならない。神は悪の誘惑に陥るようなかたではなく、

また自ら進んで人を誘惑することもなさらない。

人が誘惑に陥るのは、

それぞれ、

欲に引かれ、

さそわれるからである。

欲がはらんで罪を生み、

罪が熟して死を生み出す。

愛する兄弟たちよ。

思い違いをしてはいけない。


愛する兄弟たちよ。

このことを知っておきなさい。

人はすべて、

聞くに早く、

語るにおそく、

怒るにおそくあるべきである。

人の怒りは、

神の義を全うするものではないからである。


舌は小さな器官でではあるが、

よく大言荘語する。

見よ、

ごく小さな火でも、

非常に大きな森を燃やすではないか。

舌は火である。

不義の世界である。

舌は、

私たちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、

全身を汚し、

生存の車輪を燃やし、

自らは地獄の火で焼かれる。

あらゆる種類の獣、

鳥、

這うもの、

海の生物は、

すべて人類に制せられるし、

また制せられてきた。

ところが、

舌を制しうる人は、

ひとりもいない。

それは、

制しにくい悪であって、

死の毒に満ちている。

わたしたちは、

この舌で父なる主をさんびし、

また、

その同じ舌で、

神にかたどって造られた人間をのろっている。

同じ口から、

さんびとのろいとがでてくる。


兄弟たちよ。

苦しみを耐え忍ぶことについては、主の御名によって語った預言者たちを模範にするがよい。

忍び抜いた人たちはさいわいであると、

わたしたちは思う。

あなたがたは、

ヨブの忍耐のことを聞いている。

また、

主が彼になさったことの結末を見て、

主がいかに慈愛とあわれみに富んだかたであるかが、わかるはずである。』



テトスへの手紙

『実は、

法に服さない者、

空論に走る者、

人の心を惑わす者が多くおり、

とくに、

割礼のある者の中に多い。

彼らの口を封ずべきである。

彼らは恥ずべき利のために、

教えてはならないことを教えて、

数々の家庭を破壊していまっている。


彼らは神を知っていると、

口では言うが、

行いではそれを否定している。


愚かな議論と、

系図と、

争いと、

律法についての論争とを、

避けなさい。

それらは無益かつ空虚なことである。』



テモテへの第一の手紙

『ある人々に、

違った教えを説くことをせず、

作り話やはてしのない系図などに気をとられることもないように、命じなさい。

そのようなことは信仰による神の務めをはたすものではなく、

むしろ議論を引き起させるだけのものである。


神はただひとり不死を保ち、

近づきがたい光の中に住み、

人間の中で誰も見たものがなく、

見ることもできないかたである。』


ここで一言、

系図の中に入り込むことは宇宙規模、無限大の迷路に入り込むことになるのでしょうかね。

唯一神から多神になることはまさにそこでしょうか。

ますますシンプルではなくなるようです。

私は唯一神がいいです。

神様に兄弟がいて子供がいてそこもまた神様になって………

記憶力と時間の無駄です。そう思いませんか?




テモテの第二の手紙

『俗悪なむだ話と、

偽りの「知識」による反対論とを避けなさい。

ある人々はそれに熱中して、

信仰からそれてしまったのである。


彼女たちは、

常に学んではいるが、

いつになっても真理の知識に達することができない。


聖書は、

すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、

人を教え、

戒め、

正しく、

義に導くのに有益である。


人々が健全な教えに耐えられなくなり、

耳ざわりのよい話をしてもらおうとして、

自分勝手な好みにまかせて、

教師たちを寄せ集め、

そして、

真理からは耳をそむけて、

作り話の方にそれていく時が来るであろう。』


ここで一言、

あるある現代でも、

そして過去も今も昔も人の考えることはおんなじですね。



テサロニケ人への第一の手紙

『兄弟たちよ。

あなたがたにお勧めする。

怠惰な者を戒め、

小心な者を励まし、

弱い者を助け、

すべての人に対して寛容でありなさい。

だれも悪をもって悪に報いいないように心がけ、

お互に、

またみんなに対して、

いつも善を追い求めなさい。

いつも喜んでいなさい。

絶えず祈りなさい。

すべての事について、

感謝しなさい。』


テサロニケ人への第二の手紙

『私たちにあなたがたが見習うように、

身をもって模範を示したのである。

また、

あなたがたのところにいた時に、「働こうとしない者は、

食べることもしてはならない」と命じておいた。』


ここで一言、「働かざる者食うべからず」思想はここから生まれたのでしょうか。

厳しい信仰生活の中で、

してはいけない!あれもこれも!そうして許しと愛の神様より恐れと強制の宗教支配へと人間は導かれたのでしょうか。

神と人間はいつひとつとなれるのでしょうか。


聖書の自己学習今日はここまでにします。

読んでくださった方の健康をお祈りします。

本然の姿を忘却した無知の眠りから目覚めさせてください

文鮮明先生の祈祷より


目を上げて、

天を見詰めなければなりません。

私たちの目は悪く(暗く)なるだけ、

悪く(暗く)なってしまいましたが、

昼でも夜でも、

休まず、

その何が現れるかを見詰めなければなりません。

アダム以後の歴史において、

ちりぢりに残されてきたすべてのものを見詰めなければなりません。

このようなことが、

私たちをして生命の中心と理念の基準を捜し出せないようにしましたので、

これを克服し、

天を再び見詰めることのできる心、人情を超越して天情に徹することのできる心を持つようにしてください。


私たちは、

失われた本然の園、

失われたお父様の理念を探し出して、

万物を主管し、

守るべき者であり、

万物とともに愛の因縁を結び、

それを束ねてお父様の前に帰し奉るべき者であり、

お父様が天地を創造された心情を通して、

お父様の愛の花を咲かせ、

結んで差し上げるべき全体的な責任を負っているということを知っております。

ですので、

一歩も踏み出すことができないまま、

深い眠りの中にはいっているすべての世界人類を覚ましてくださって、

新しい光明の朝を迎え、

天を見詰め、

再び目覚めることのできる群れとなるよう許諾してくださいますことを、

愛するお父様、

懇切にお願い申し上げます。

新たに目覚め、

天を見詰め、

世界歴史の前に新しい意思を示すことのできる、

第二の群れとなるよう許諾してくださり、

新しい理念と新しい心情でもって結び合う、

新たな氏族を動かし切る私たちとなるよう許諾してくださいますことを、

お父様、

懇切にお願い申し上げます。


天に向かって、

再び目覚めるようにしてください。

人類が望むことのできない新しい所を、

捜し立つことのできる群れとなるようにするため、

この民族の行くべき道がまず遮られたということを知っておりますので、

失望することなく、

疲れも忘れ、

きょうも明日も、

たゆまず進むよう導いてください。


再び目覚め、

天を見詰められる群れが現れてこそ、

この地がよみがえるのであり、

その動きによって世界がよみがえることを知っておりますので、

これに責任を負う群れとなるよう許諾してください。

懇切にお願い申し上げながら、

主のみ名によってお捧げ申し上げました。アーメン。(1959.2.15)

ガラテア人への手紙

あなたがたがこんなにも早く、

あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、

違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。

それは福音というべきものではなく、

ただ、

ある種の人々があなたがたをかき乱し、

キリストの福音をまげようとしているだけのことである。

しかし、

たといわたしたちであろうと、

天からの御使いであろうと、

わたしたちが宣べ伝えた福音に反することをあなたがたに宣べ伝えるなら、

その人はのろわれるべきである。


それは、

忍び込んできたにせ兄弟らがいたので

彼らが忍び込んできたのは、

キリスト・イエスにあって持っているわたしたちの自由をねらって、

わたしたちを奴隷にするためであった。



兄弟たちよ。

世のならわしを例にとって言おう。

人間の遺言でさえ、いったん作成されたら、これを無効にしたり、これに付け加えたりすることは、だれもできない。



神を知らなかった当時、

あなたがたは、本来神ならぬ神々の奴隷になっていた。

しかし今では神を知っているのに、

否、

むしろ神に知られているのに、

どうして、

あの無力で貧弱な、

もろもろの霊力に逆もどりして、またもや、

新たにその奴隷になろうとするのか。


自由をえさせるために、

キリストはわたしたちを解放して下さったのである。

だから、

堅く立って、

二度と奴隷のくびきにつながれてはならない。


兄弟たちよ。

あなたがたが召されたのは、

実に、自由を得るためである。


兄弟たちよ。

もしもある人が罪過に陥っていることがわかったなら、

霊の人であるあなたがたは、

柔和な心をもってその人を正しなさい。

それと同時に、

もしか自分自身も誘惑に陥ることがありはしないかと、

反省しなさい。

互いに重荷を負い合いなさい。

そうすれば、

あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。


もしある人が、

事実そうでないのに、

自分が何か偉い者であるように思っているとすれば、

その人は自分を欺いているのである。

ひとりびとり、

自分の行いを検討してみるがよい。

そうすれば、

じぶんだけには誇ることができても、

ほかの人には誇れなくなるであろう。

人はそれぞれ、

自分自身の重荷を負うべきである。

御言を教えてもらう人は、

教える人と、

すべて良いものを分け合いなさい。

まちがってはいけない、

神は侮られるようなかたではない。

人は自分のまいたものを、

刈り取ることになる。

すなわち、

自分の肉にまく者は、

肉から滅びを刈り取り、

霊にまく者は、

霊から永遠のいのちを刈り取るであろう。


わたしたちは、

善を行うことに、

うみ疲れてはならない。

たゆまないでいると、

時が来れば刈り取るようになる。


だから、

機会のあるごとに、

だれに対しても、

とくに信仰の仲間に対して、

善を行おうではないか。



読んでくださった方に神様の恵みが溢れんばかりにありますようにお祈りいたします。